徹底解説

2016.11.09

ダイハツ・トール/トヨタ・ルーミー/タンク

・ダイハツ・トール
・トヨタ・ルーミー
・トヨタ・タンク

が、このページの主役。

どうして、トヨタとダイハツという異なるメーカーを、ひとつのページで紹介しているかというと、ベースが同じだからという理由につきる。

いま、筆者のデスクには2社が個別に作った広報資料がどっさりと重ねられている。いずれの資料にも「家族にやさしい」「家族とのつながり」という言葉が、これでもかと書かれている。

家族、家族、家族……。

ちなみに、ダイハツの資料には「ダイハツが企画/開発/生産のすべてをおこない、トヨタにOEM供給をしています」と書いている。

「逆じゃありませんよ」ということを、筆者もここで書いておこう。

エクステリア

2社が同時に、ベースが同じクルマを発表するわけだから、ここで気になるのは、当然、「どのように違うか?」だろう。

以下は同じ「顔」どうしの分類。ちょっと気持ちを落ち着けて読めば、ご理解いただけると思います。

1、
ダイハツ・トール
トヨタ・タンク

2、
ダイハツ・トール・カスタム
トヨタ・ルーミー・カスタム

3、
トヨタ・ルーミー
トヨタ・タンク・カスタム

という3つのグループに分かれる。

ちなみに、基準グレードのボディ・サイズは、全長が3700mm、全幅が1670mm、全高が1735mm、ホイールベースが2490mm。

おそらくこのクルマに興味があるひとたちは、「トヨタ・パッソ/ダイハツ・ブーン」とどう違うの? と思っているはずだから、こちらの寸法も記しておこう。

トヨタ・パッソX Lパッケージ・S(2WD)の全長は3650mm、全幅は1665、全高は1525mm、ホイールベースは2490mm。

つまりホイールベースを除いて、トヨタ・パッソ/ダイハツ・ブーンよりも、トヨタ・ルーミー/タンク/ダイハツ・トールのほうが、50mm長く、5mm幅広で、210mm背が高い。

サイズがちょっと大きくなり、家族にもやさしいというわけだから、きっとその恩恵はインテリアが受けているのだろう。というわけで、つぎのページをご覧ください。

next page:ダイハツさん、ほんとうに家族にやさしいんですか?


 

初試乗

記事一覧

モーターショー

記事一覧

特別企画

記事一覧

クラブインデックス

記事一覧

長期使用報告

記事一覧

イベント・カレンダー

記事一覧

ギャラリー

記事一覧

新刊&バックナンバー

記事一覧