徹底解説

2016.12.27

スズキ・スイフト

どれが好み? 4気筒、3気筒ターボ、マイルド・ハイブリッド

車重840kgのグレードも存在する新型スイフトには、1.2ℓ4気筒と1.0ℓ3気筒直噴ターボという2種のガソリンエンジンをラインナップ。このうち、1.2ℓ車には新たにマイルド・ハイブリッド仕様が加わった。

・1.2ℓ4気筒
メインユニットとなるのが、K12C型の1.2ℓ4気筒エンジン(91ps、12.0kg-m)で、トランスミッションは5速マニュアルとCVTを用意。CVT車にはFFとフルタイム4WD仕様が存在する。車重は840kgから950kgとなり、燃費はマニュアルが23.4km/ℓ、CVTが24.0km/ℓだ。

・1.0ℓ3気筒直噴ターボ
一方、RStというグレードには、K10C型の1.0ℓ3気筒直噴ターボ(102ps、15.3kg-m)が与えられる。こちらは6速オートマティックが組み合わされる前輪駆動のみとなるモデルで、ステアリングにはパドルシフトを備える。ターボモデルながらレギュラーガソリンを使用燃料とし、930kgのボディを20.0km/ℓの燃費で走らせる。

・マイルド・ハイブリッド
目玉となるマイルド・ハイブリッドは1.2ℓ車にラインナップされている。3.1ps、5.1kg-mを発揮するISG(モーター機能付発電機)と専用リチウムイオンバッテリーを搭載しながら、900kgという車重に抑えたのが特徴で、FFとフルタイム4WDを選ぶことができる。ソリオなどと同様に、最長30秒間のモーターアシストによってエンジンの負担を軽減することが可能で、JC08モード燃費はFF仕様で27.4km/ℓに達する。

とうとう840kg、新プラットフォーム「ハーテクト」

軽量化と高剛性を両立したのが、新プラットフォーム「HEARTECT(ハーテクト)」の採用だ。これは、インド生産のバレーノと共有するプラットフォームであるが、日本製モデルとしては初登場となるので新味のあるネーミングが与えられた。

ボディやエンジン、足まわりなど車両全般にわたり徹底したウエイトダウンを図り、従来モデル比で120kgの軽量化に成功。これによりXG(FF、5MT)では840kgというクラス最軽量のウエイトを達成している。

初代から継承する優れたハンドリング性能としなやかな乗り心地は、サスペンションを新設計するとともに、レイアウトも刷新することで両立。懸架方式こそ変更はないが、写真を見て分かるとおり新型の足回りは新設計である。また、ステアリングは可変ギアレシオ・ステアリングにより、切り始めの応答性を高めている。

より上質でスポーティな走りを求めるドライバーにはスイフトRSモデルを用意した。欧州各国で走り込みや性能確認を進めたRS、ハイブリッドRS、RStの3車種は、速度域の高いヨーロッパの道路環境を想定し、フラットでしっかりとした乗り味と直進安定性を発揮するチューニングを施している。

具体的には、下記の3点が専用の欧州チューニングとなる。

1. ショックアブソーバー
減衰力を硬めに設定し、上下動を抑えてボディコントロール性を向上。

2. タイヤ
剛性を高め、操舵時の応答性とリニアなグリップ感を向上。

3. 電動パワーステアリング・コントローラー
直進安定性や操舵感を重視し、ハンドル操作を手応え重視のチューニングに。


next page質感の向上著しいRSモデルのインテリア


初試乗

記事一覧

モーターショー

記事一覧

特別企画

記事一覧

クラブインデックス

記事一覧

長期使用報告

記事一覧

イベント・カレンダー

記事一覧

ギャラリー

記事一覧

新刊&バックナンバー

記事一覧