海外初試乗

2014.03.26

キア・ソウル 1.6 GDI

テスト日 : 2014年03月23日

価格 : £29,495(498万円)

■どんなクルマ?

第2世代のキア・ソウルのガソリン・バージョンだ。プジョー2008、ヴォグゾール・モッカ、フォード・エコスポーツのライバルとなる£13,000(220万円)以下のエントリー・モデルだ。

このソウルのガソリン・バージョンは、プライベート・オーナーに向けで、より低燃費のディーゼルよりも多く販売されているモデルだ。エンジンはノーマル・アスピレーションの1.6ℓで、6速マニュアル・ギアボックスが標準。6速オートマティックがオプションとなる。

ディーゼルのCRDIよりもガソリンのGDIが優れるのは2点。120kg程軽いボディ・ウエイトと僅かにクイックとなったステアリングだ。

■どんな感じ?

魅力的なクルマだ。何よりのその大胆なデザインは、このクルマに新鮮さとアーティスティックな魅力を与えている。このソウルのオーナーは少し変わり者かも知れないが、そのデザインは、Bセグメントの中にあっても充分に個性的な輝きを放っている。

装備も今回大幅に改良された。フェイシアも多くの色が使われるようになり、トランクルームの容量も充分だ。確かにこのソウルのキャビンは印象的なものだ。また、これはGDIに限らす、CRDIでも同じことが言える。

ガソリン・エンジンはアイドリング時は静かで、回転の上がりもスムーズだ。低回転でもそのノイズは許容レベルだ。トルク・ピークは5000rpm近くと高い回転数にあるので、結構引っ張ってやらなければならない。ディーゼルであれば、よりフレキシブルで、ドライブも簡単だ。パフォーマンスについては、このぐらいしか言い様がない。CRDIに比べるとあまり個性的でないエンジンだ。

燃費はわれわれのテスト車両は12.4km/ℓという数値をマークした。この数値は、ディーゼルに比べ説得力に欠けるものだ。

乗り心地は、GDIでもCRDIでも堅く、ボディ・コントロールも良くない。また、落ち着きもなく、ダンピングも不足していた。ガソリン・モデルは特にその傾向が顕著のようだ。また、ステアリングもクイックなものが与えられているが、レスポンスに乏しく、ナチュラルさに欠け、あまりにも軽いものだった。

■「買い」か?

CRDIを購入する予算がなければ、ということになろう。ガソリン・エンジンに固執するのであれば、魅力的なライバルは他にも多くある。キア・モータースにとって、このガソリン・エンジンを見直すことが、今度のフェイスリフトでは必要となるだろう。

(マット・ソーンダース)

キア・ソウル 1.6 GDI

価格 £12,600(213万円)
最高速度 185km/h
0-100km/h加速 11.0秒
燃費 15.4km/ℓ
CO2排出量 151g/km
乾燥重量 1212kg
エンジン 直列4気筒1591cc
最高出力 132ps/6300rpm
最大トルク 16.5kg-m/4850rpm
ギアボックス 6速マニュアル
最新初試乗

初試乗

記事一覧

モーターショー

記事一覧

特別企画

記事一覧

クラブインデックス

記事一覧

長期使用報告

記事一覧

イベント・カレンダー

記事一覧

ギャラリー

記事一覧

新刊&バックナンバー

記事一覧