国内初試乗

2016.03.04

グッドイヤー・ベクター4シーズンズ

テスト日 : 2016年2月17日

価格 : -

文・今尾直樹 撮影・花村英典 

  • 1月に列島を襲った寒波は九州で10cm以上の積雪を観測。除雪車の少ない地域、スタッドレスの在庫が少ない地方でオールシーズン・タイヤは有用だ。

  • 新型プリウスの4WD、E-Fourも会場に。FF車との乗り比べでベクター4シーズンズをテストできだ。

  • 4WDならではの後輪が雪を掻くシーン。プリウスのスノー性能において、ベクターはスタッドレスとほとんど変わらぬ能力を持っている。

  • 会場も終盤にはバンピーに。マッド&スノー表示のタイヤだけに雪路だけでなく、アウトドアドライブでも路面を選ばないという片鱗を見せる。

  • 停車してからの再発進。2輪駆動のプリウスでも難しい技術は必要なかった。

冬用タイヤは保管場所、シーズン毎の交換、タイヤ自体への出費が悩みのタネ。そこで “春夏秋冬” 交換不要のオールシーズン・タイヤをテストした。

■どんなタイヤ?

春の到来が待ち遠しい今日この頃である。だけれど、東京では3月に雪が降ったりするから油断はできない。スタッドレスを履いている読者諸兄も、夏用タイヤへの履き替えはいましばらく待つべし、と判断されているのではあるまいか。ちなみにウチはまだ履き替えていません。

春が来れば、もうすぐ夏である。夏になれば冬用タイヤは邪魔である。さりとていまのタイヤはツルツルで交換の要がある。困った……。

と、お悩みの読者諸兄。選択肢のひとつが、ここにご紹介する冬用タイヤ並みの性能を持つオールシーズン・タイヤである。そんなタイヤが世の中にあるのか? あるのである。グッドイヤー・ベクター4シーズンズがそれで、EUのUNECE(United Nations Economic Commission for Europe)規制において、雪道性能におけるブレーキ性能、およびトラクション性能が冬用タイヤとして一定基準を満たしていると認定されている。雪に強いM+S(マッド&スノー)なのだ。

具体的には、高速道路の冬用タイヤ規制において、ベクター4シーズンズはスタッドレス・タイヤ同様の扱いを受けられる。つまり、チェーンを装着しなくてもよい。便利ではないか。

で、このたび昨年10月に住友ゴムとの提携を解消し、日本市場にフリーハンドで挑むことになったグッドイヤーが、他社にない強みとしてベクター4シーズンズのスノー性能を売り込もうと、福島県のスキー場で体験試乗会を開いた。——そこで、取材班はHカメラマンの愛車のトヨタの最高級車、クラウン・ロイヤルサルーンに乗り込み、現場に向かったのである。

最新初試乗

初試乗

記事一覧

モーターショー

記事一覧

特別企画

記事一覧

クラブインデックス

記事一覧

長期使用報告

記事一覧

イベント・カレンダー

記事一覧

ギャラリー

記事一覧

新刊&バックナンバー

記事一覧