国内初試乗

2017.02.15

新型CX-5、公道試乗の手応えは、ガソリンか? ディーゼルか?
マツダCX-5

テスト日 : 2017年2月13日

価格 : 2,462,400円~3,526,200円

文・川島茂夫 撮影・花村英典 

  • マシーングレープレミアムメタリックの試乗車は、2.5ℓガソリンのLパッケージ。

  • 2.0ℓガソリン車なら、最新のセーフティ機能を搭載しても約270万円。

  • 2.0ℓエンジン(写真)の燃費は16.0km/ℓ。対する2.5ℓは14.8km/ℓとなる。

■どんなクルマ?

市販仕様のプロトタイプを雪上で駆るという些か変則的な初体験となったが、雪路でのCX-5の印象は良好。とは言え雪路の評価では降雪地域やウインターレジャーでの走行性能を求めるユーザー以外に役立たないと思う向きもあるだろう。GVC(G-ベクタリング・コントロール)の効果や4WD制御の巧みさはクロスオーバーSUVの雪路踏破性に期待するドライバーに十分なのは当然としても、パッチ状に荒れた雪面での乗り心地や微妙なアクセルワークへの過不足ない追従等々と一般的な用途での走りの質を期待させるに十二分な手応えを得られた。これらについて詳しくは当サイトのCX-5雪上試乗リポートを読んでもらえば分かるが、要するに「期待値大」で試乗に望んだ。

試乗モデルは2WD(FF)ガソリンの2.0ℓと2.5ℓ。2.2ℓディーゼルの3車、4WDはガソリン2.5ℓとディーゼルの2車。新型の2WD車についてはこれが初お目見えであり、CX-5の底力と出来を計る上でも最も注目される。SUVの存在意義からすれば2WDは本流と言えないかもしれないが、実用的なスペシャリティカーあるいはハイ・アイポイントのレジャーワゴン等々の新たなSUVの視点から見ればCX-5の標準系でもある。

■どんな感じ?

先ずは試乗全車に共通する部分、要はフットワークについてだが、内輪の伸びを抑えて沈み込むようなロール感を狙って仕立てられたサス設計ではあるものの、沈み込みストローク自体は抑えられている。つまり、ハードサスチューンなのだ。個人的にはストロークで往なすほうが好みだが、体感ロールが誇張されやすい高いアイポイントで、ぐらんぐらんと揺れたのでは走り自慢のマツダのイメージにそぐわない。要するにイメージを元にした期待値に程よい硬さなのである。


next pageリアシートから分かる新型CX-5の作り込み

最新初試乗

初試乗

記事一覧

モーターショー

記事一覧

特別企画

記事一覧

クラブインデックス

記事一覧

長期使用報告

記事一覧

イベント・カレンダー

記事一覧

ギャラリー

記事一覧

新刊&バックナンバー

記事一覧