海外ニュース

2014.10.11

フェラーリF60アメリカがデビュー

フェラーリはF60アメリカとネーミングされたエクスクルーシブなモデルを発表した。このF60とは、北アメリカでのフェラーリ販売の60周年を祝うことから名づけられた名前だ。

フェラーリは、このモデルがF12ベルリネッタのオープン・トップ・モデルであるが、V12エンジンとオープン・トップ・ボディを組み合わせたモデルが欲しいという北米クライアントの情熱が生み出したモデルであるとコメントしている。

僅かに限定で10台が生産される予定だ。これは1967年に生産された275GTS NARTスパイダーを模したものだ。なお、その価格は$2,500,000(2億7000万円)というスペシャルなものとなる。

もちろん、ルーフを取り去っただけでなく、ノーズ、ウイング、ドアなどが新たにデザインの変更を受けている。また、そのカラーリングはNARTカラーにペイントされ、プラウシング・ホースがホイールアーチに装備される。

本革のトリムで飾られたロール・フープには、カーボンファイバー製のフライング・バットレスが裏打ちされ、ドライバーおよびパッセンジャーの安全を確保している。また、インテリアは、ブラックとレッドという情熱的なカラーリングがあしらわれた専用のもの。これはヒストリックなコンペティション・モデルへ敬意を表したものだという。シートに、アメリカ国旗からとった色合いが使われているのも特徴だ。

なお、120km/hまでのスピードに耐えうるという軽量の簡易的なファブリック・トップも、一応装備はされている。

エンジンはF12ベルリネッタと同じ6.3ℓのV12で、740ps、70.4kg-mというパワー、トルクには変更がない。ギアボックスも7速デュアル・クラッチが組み合わせられ、0-100km/hが3.1秒というパフォーマンスを発揮する。

この新しいF60アメリカは、10月11日、ビバリーヒルズの市庁舎での記念式典で公式に発表されることとなる。

フェラーリは以前にもF12TRSというワンオフのスペシャル・モデルを1台、製作している。

パリ・モーターショーで、新たにフェラーリを率いることとなったセルジオ・マルキオーネはこういったアニバーサリー・モデルが直ぐに売り切れてしまうことに不満を示していた。「このモデルを20台造るとはいってはいないが、プロダクション・モデルに反映させることは可能だ。」と。

関連ニュース

▶ 海外ニュース / フェラーリSPアメリカ
▶ 海外ニュース / フェラーリのワンオフ・モデル、F12 TRS
▶カーレビュー / フェラーリF12ベルリネッタ
▶ 海外初試乗 / フェラーリF12ベルリネッタ

最新海外ニュース

初試乗

記事一覧

モーターショー

記事一覧

特別企画

記事一覧

クラブインデックス

記事一覧

長期使用報告

記事一覧

イベント・カレンダー

記事一覧

ギャラリー

記事一覧

新刊&バックナンバー

記事一覧