海外ニュース

2016.03.01

ポルシェ911Rがジュネーブでデビュー

ポルシェは、原点回帰ともいぶべき、ドライビング・プレジャーを追い求めたモデル、911Rをジュネーブ・モーターショーで発表した。

このモデルは、500psを発揮するRRクーペ・モデルで、シンプルにドライビングの楽しさのみを求めたクルマである。

過去の911R(1967の限定モデル)からインスピレーションを受けたという新型は、伝説にも数えられるタルガ・フローリオなどのイベントでキャンペーン活動を行ってきた。

2シーターにしたことで911Rは、初期のポルシェのころのレーシングモデルを彷彿とさせる、フィーリング、レスポンス、クルマとの意思疎通を、現代的パッケージで実現したのが魅力だ。

GT3やGT3 RSと同様にノーマル・アスピレーションの4.0ℓフラット6を持ち、ギアボックスはマニュアルのみというモデルで、センターのツイン・エグゾーストと通常の911とは異なったリア・ディフュザーが特徴。パワーは500ps/8250prm、トルクは46.9kg-m/6250rpmを発揮する。また、固定式リア・ウイングではなく、通常のリトラクタブル・リア・スポイラーが装備されるのも、GT3やGT3 RSとは異なる。更にこの911R専用のリア・アンダーボディ・ディフューザーが装着される。ホイールは、フェイスリフトが予定されている911GT3同じものが装備される。

911Rは、オジリナルの911Rがデビューして50周年にあたる来年にリリースが予定されており、生産台数は911台となる。

ポルシェは、この911Rがドライビング・プレジャーを追求したモデルであるとしており、サーキットにフォーカスしたRSとはまた違ったポジションになるという。サーキットでのラップ・タイムを競うモデルでもなければ、日常の使用を重視したモデルでもない。フィーリング、レスポンス、そしてドライバー・インタラクションを重視して作り上げられたモデルなのだ。

最も特徴的なのは、マニュアル・ギアボックスのみが設定されたことだろう。

ボディは、最もナローなボディが使用され、タイヤも太いものが与えられはしない。グリップを重視したシャシー・セットアップではないということだ。ちなみに車輌重量は1370kgと、現行ラインアップの911シリーズでは最も最軽量となる。

なお、日本での価格も決定している。ハンドルは右、左両方が用意され、車両価格は26,290,000円。


▶ 2016 ジュネーブ・モーターショー
▶ 海外ニュース / ポルシェ911Rが復活
▶ 海外ニュース / ポルシェ911GT3、フェイスリフト

最新海外ニュース

初試乗

記事一覧

モーターショー

記事一覧

特別企画

記事一覧

クラブインデックス

記事一覧

長期使用報告

記事一覧

イベント・カレンダー

記事一覧

ギャラリー

記事一覧

新刊&バックナンバー

記事一覧