海外ニュース

2016.03.23

新型スバル・インプレッサがデビュー

ニューヨーク・モーターショーにおいて、次世代のスバル・インプレッサが公開された。

新型モデルは、従来のものとまったく異なったストラクチャーを用いる。スバルはこれをグローバル・プラットフォームと呼んでいる。今後すべてのモデルに採用する予定であり、4WDに相当するハイブリッド・システムの投入も視野にいれている。

英国内には写真のようなセダン・タイプが輸入される予定はなく、代わりに5ドアのハッチバックのみの設定となる。標準グレードでさえ、運転好きを喜ばせる設定になっていることをスバルはアピールする。

フォード・フォーカスやマツダ3(日本名:アクセラ)をベンチマークとして開発したのだそうだ。

従来型と比べると、新型インプレッサはより大きくなる。ホイールベースは+25mm、全長は+41mm、全幅は+38mmとなっている。エアロダイナミクスを見据えることと、スポーティーな外観を実現するために全高に関しては-10mmとなっているのだそうだ。

使用エンジンは水平対向の4気筒とすることを、明言しており、駆動方式は4WDとなるのだそうだ。詳細スペックはまだ明らかになっていないが、新型は気筒休止システムを使用するという情報も得ている。

インプレッサがアイサイトを採用するのも、このモデルが初めてであり、またボイス・コントロールや携帯電話のアプリケーションとシンクすることが可能な最新のインフォテインメント・システムも用意されるという。

「グローバル・プラットフォームは安全性とライド、アジリティを高いレベルで両立させるでしょう。それも、クロスオーバー/SUVを含むすべてのモデル・レンジにおいて実現できるのがポイントです」とスバル。

WRX STiが根本的な進化を遂げるということも聞いている。2.0ℓターボ・ユニットを使用すると噂されており、リア・アクスル部には電気モーターが載る可能性もある。320psを超える出力は、フォード・フォーカスRSを見据えているはずだ。

最新海外ニュース

初試乗

記事一覧

モーターショー

記事一覧

特別企画

記事一覧

クラブインデックス

記事一覧

長期使用報告

記事一覧

イベント・カレンダー

記事一覧

ギャラリー

記事一覧

新刊&バックナンバー

記事一覧