海外ニュース

2017.01.10

レクサスのフラッグシップ、新型LSを発表

レクサスは、レクサスLSをデトロイト・モーターショーでアンヴェールした。レクサスは、1989年に初代LSがラグジュアリークラスのベンチマークを再定義したように重要なモデルになるとしている。

Sクラスのライバルとなる新型LSは、GA-Lプラットフォームを採用している。これは、LC500にも共用されるが、LSではホイールベースが3125mmまで拡大された。駆動方式はFRとなるが、オプションで4輪駆動を選択することも可能だ。

新プラットフォームと新エンジン、その効果は?

新型LSは、新しい軽量プラットフォームにより「正確なハンドリングとダイレクトなステアリング」を実現したという。これは、GA-Lプラットフォームが、エンジンをノーズ部分に低く搭載でき、ボディ剛性も高いことの恩恵である。

新開発の3.5ℓツインターボV6エンジンは、「ライバルのV8モデルに匹敵するパフォーマンス」とされ、最高出力421ps、最大トルク61.1kg-mを発揮。トランスミッションは、LC500にも搭載される10速トルクコンバーター・オートマティックを採用した。また、0-97km/h加速は4.5秒とされているが、4輪駆動モデルについては数値が明らかになっていない。

軽量化により先代比90kgのウェイトセービングに成功したLSはマルチリンク・サスペンションを採用し、オプションでエア・サスペンションを選ぶことができる。

また、ビークルダイナミクス・インテグレーテッド・マネジメント(VDIM)は、ブレーキ、パワートレイン、サスペンションを統合制御するレクサス・ダイナミック・ハンドリングシステム(LDH)に、アクティブスタビライザーやAVSを協調制御させることで、車両のロールや上下運動の制御を可能とした。これにより、フラットな車両姿勢と質感の高い乗り心地を実現したという。

28段階に調整可能なドライバーシート

ラグジュアリーサルーンの名に相応しい支援機能、快適性能を有するのも新型LSの特徴だ。ドライバーシートは28段階の調整が可能で、後席はヒーター付きのパワーシートとなっている。

また、エンジンノイズを抑制するアクティブ・ノイズコントロール・システムにより、LSのキャビンはクラス随一の静粛性を実現するという。

レクサスLSの発売は本年末の予定だ。


▶ 2017 デトロイト・モーターショー

最新海外ニュース

初試乗

記事一覧

モーターショー

記事一覧

特別企画

記事一覧

クラブインデックス

記事一覧

長期使用報告

記事一覧

イベント・カレンダー

記事一覧

ギャラリー

記事一覧

新刊&バックナンバー

記事一覧