国内ニュース

2016.03.10

ホンダ・クラリティ・フューエル・セルを発売

ホンダは、新型燃料電池自動車(以下、FCV)、クラリティ・フューエル・セルを発売した。

クラリティ・フューエル・セルはFCVの本格普及を目指し、ホンダ独自の小型燃料電池パワートレインをボンネット内に搭載し、セダン・タイプのFCVとして5人乗りを実現している。

また、70MPaの高圧水素貯蔵タンクを搭載し、一充填走行距離(参考値)を従来比で約30%延ばし、約750kmを達成。これによりクルマとしての実用性を向上した。

一回あたりの水素充填時間は3分程度と、ガソリン車と大きく変わらない。

エクステリアは全長×全幅×全高が、4915×1875×1480mm。力強く流麗なボディサイドには、エアーカーテンを前後に装備、リアタイヤはカバーに覆われている。

インテリアは、「地球だけでなく、乗っている人にもやさしいクルマ」として、車内の空気をきれいに保つトータル・エア・クオリティ・マネージメントを採用した。

これは、エアクオリティ・センサーを通して導入した外気を、アレルフリー・フィルターやプラズマクラスター技術によって清潔に保つもの。ウルトラスエードやプライムスムースを用いた室内は、5人が乗車できるくつろぎの空間となっている。

パワートレインは、モーター、燃料電池スタック、駆動用バッテリー(リチウムイオン電池)という構成。FCVのパワートレインを、ガソリンV6エンジン同等のサイズに小型化し、ボンネット下に収めたのが大きなトピックだ。モーター最高出力は177ps/4501-9028rpm、最大トルクは30.6kg-m/0-3500rpm。最高回転数は13000rpm。

燃料は圧縮水素で、タンクは後席下と背後の2箇所にあり、合計容量は141ℓ。

また、プラットフォームは、フロントからリアまでストレートの構造とし、衝突時に水素タンクを守る構成とした。車両重量は1890kgだ。

開発責任者の清水潔は、「FCVは普及しなければ意味がありません。このため、クラリティ・フューエル・セルは普及しやすいクルマにした。先代のFCXクラリティを北米に導入した際、たとえFCVといえどもクルマに対する要求は変わらないことを実感した。セダンなら5人乗車でき、エンジン車と変わらない使い勝手が必要。クラリティ・フューエル・セルでも、ホンダのM・M思想(マン・マキシマム/メカ・ミニマム)を実現することができた」と語っている。

また、八郷社長は、「FCVはガソリン車に置き換わるクルマとして有望。ホンダが目指すのはFCVが普及し、どこでも水素を使える社会」とコメントした。

価格は7,660,000円で、販売形式はリースのみ。なお、個人向けの販売については1年以上先になるとのこと。


▶ 海外初試乗 / ホンダFCVクラリティ
▶ 海外初試乗 / トヨタ・ミライ

最新国内ニュース

初試乗

記事一覧

モーターショー

記事一覧

特別企画

記事一覧

クラブインデックス

記事一覧

長期使用報告

記事一覧

イベント・カレンダー

記事一覧

ギャラリー

記事一覧

新刊&バックナンバー

記事一覧