国内ニュース

2017.02.15

マリナーが送るベントレーの特別車 コンチネンタルGT V8 S ムーンクラウド・エディション

近年、輸入車の各メーカーからビスポーク部門の発信がさかんに行われるが、その真打ちと言えばベントレーのパーソナルコミッション部門、Mulliner(マリナー)ということになろう。

ベントレー モーターズ ジャパンは、そのマリナーが日本市場向けに特別生産したモデル、コンチネンタルGT V8 S ムーンクラウド・エディションを発売した。

デュオトーン・ペイントを唯一選べるクーペ

この特別限定車は、マリナーが手掛け、これまでミュルザンヌ、フライングスパーなどのサルーンモデルにしか提供されなかったデュオトーン・ペイントを、クーペとしては日本初採用している。

またインテリアには、ミュルザンヌのみに提供されている「ヒドン・デライト」と呼ばれる挿し色を採用。車内を走るKlein Blueのアクセントは、あたかもサビルローでスーツを仕立てるとき、裏地に縫い込む特別な布地のように鮮やかだ。

センターコンソールには、アウターフェイスベゼルが青々と輝くブライトリング・クロックを配し、助手席側フェイシアには貝細工を施して、クラフトマンシップあふれる特別な空間を生み出している。

パワートレインは、最高出力528ps、最大トルク69.3kg-mを発揮する4.0ℓV8ツインターボ・エンジンを搭載。0-100km/h加速4.5秒、最高速度309km/hというハイパフォーマンスは健在だ。

月夜に湾岸線を疾走するMoonbeamとOnyxに塗り分けられたコンチネンタルGT V8 S。こんなに特別なベントレー、想像しただけでも優雅な気持ちになってしまう。

価格は24,100,000円。標準モデルにプラス1,000,000円で、これだけの特注装備を手にすることができる。販売台数は12台の限定だ。

最新国内ニュース

初試乗

記事一覧

モーターショー

記事一覧

特別企画

記事一覧

クラブインデックス

記事一覧

長期使用報告

記事一覧

イベント・カレンダー

記事一覧

ギャラリー

記事一覧

新刊&バックナンバー

記事一覧