新製品ニュース

2016.12.07

デュアルCPU、Bluetooth®搭載の彩速ナビが、手頃な価格に




ケンウッドは、AV一体型ナビ「彩速ナビ」シリーズの新商品、MDV-L504W / L504およびL404W / L404を1月中旬に発売すると発表した。新モデル4機種は、彩速ナビのエントリーモデルである「タイプL」シリーズに加わる。

注目点は、この2017年モデルからジェットレスポンス・エンジンIIIを全4機種に搭載したことだ。デュアルコアCPUならではの素早い反応でフリック、ドラッグ操作ができるだけでなく、ナビゲーション中の動画再生といった高負荷処理もスムーズだ。

ナビゲーション機能も進化し、案内ポイントまでの距離をカウントダウンする「新・ここです案内」を初搭載。複雑な道でも、次に曲がるポイントまでの残距離をカウントダウンし、近づくとイラスト表示に切り替えて案内する。

L504シリーズは、充実の新装備

またL504W(写真最上段) / L504については、新たにBluetooth®に対応し、携帯電話やスマートフォンのハンズフリー通話や、デジタルオーディオ機器の音楽をワイヤレス再生できるのも嬉しい。

これを引き立てるのが、同社独自の「K2テクノロジー」の搭載で、ビット拡張、周波数帯域拡張、波形補正を行い、CDなどの様々なメディアや圧縮フォーマットを音源が本来持つクオリティーに近づけることが可能だ。

また、上位モデルだけに採用されてきた光沢パネルを搭載し、マップを視認性に優れた高画質で描画するのもL504シリーズの強みである。

市販ナビ市場は、10万円未満、それも7、8万円台というエントリークラスのAVナビが高い人気を持つ。同価格帯となる彩速ナビ「タイプL」は、高画質にこだわるユーザやワイヤレス・高音質再生を利用するドライバーには頼もしいナビゲーションの登場となる。


▶ 新製品ニュース / ケンウッド、ハイレゾ音源対応カースピーカーを一新し発売


 

初試乗

記事一覧

モーターショー

記事一覧

特別企画

記事一覧

クラブインデックス

記事一覧

長期使用報告

記事一覧

イベント・カレンダー

記事一覧

ギャラリー

記事一覧

新刊&バックナンバー

記事一覧