特別企画

2016.11.30

ベントレー・ベンテイガ ーー AUTOCAR編集部が選ぶ2016年の50台

満を持して今年、日本市場に投入されたベントレー初のSUVが、このベンテイガだ。その堂々たる佇まいは、他のSUVとは一線を画する。ボディ・サイズは、全長×全幅×全高が5150×1995×1755mmと巨大で、かつてベントレーが「世界一速いトラック」と呼ばれたことを思い起こさせるものだが、スタイリングは実に丹精で躍動感溢れるものとなっている。ベントレーがSUVを作るとこうなるといったものを有無を言わさず見せてくれているといっても過言ではない。

フロントに搭載され4つのホイールを駆動する源となるのは、W12ツインターボ5945cc。608ps/6000rpm、91.8kg-m/1350rpmという巨大なパワーを誇るユニットだ。太いトルクは大排気量ユニットならではだが、そのトルク・デリバリーは実にスムーズ且つ、2530kgという超重量級のボディながらスポーツカーのような加速を見せてくれる。敢えてそのパワーを隠そうともせずに、“より速く、より遠く” を具現化したパフォーマンスを持ち合わせている。

ステアリングはコンチネンタルGTとは一線を画すもので、SUVらしい味付けがされている。だから、今までベントレーのクーペやサルーンに乗っていた人には少し違和感があるかもしれないが、この味付けが実にベンテイガというSUVにマッチしている。ベントレーではこのクルマでオフロードを走る人は皆無だとしつつも、MLB-エボというプラットフォームを使用しているベンテイガのオフロードでのパフォーマンスは保証済だ。

インテリアは、高いベントレー・クオリティが保たれている。その世界観はベントレーならではのもの。すべてが贅沢にあり、それと同時にドライバー・オリエンテッドに設えられている。彼の国ではショファー・ドリブンとなる可能性のあるクルマではあるが、いつまでもステアリングを握っていたい、そう思わせる1台だ。

AUTOCAR編集部が2016年の50台に選んだワケ

ベンテイガのプロジェクトがスタートした際のベントレーの共通認識は、実用性と高性能を担保しながら、最高峰の高級感を打ちだす、というものだったという。まさにその言葉通りのクルマに仕上がっていると言えよう。間違いなく、自動車史に足跡を残すことになるモデルである。



ベントレー・ベンテイガ

●価格:26,950,000円 ●最高速度:301km/h ●0-100km/h加速:4.1秒 ●CO2排出量:292g/km ●ボディ・サイズ:5150×1995×1755mm ●車両重量:2530kg ●エンジン:W型12気筒ツインターボ5945cc ●最高出力:608ps/6000rpm ●最大トルク:91.8kg-m/1350rpm ●ギアボックス:8速オートマティック ●タイヤ:285/45R21

ベントレー モータース ジャパン https://www.bentleymotors.jp/


初試乗

記事一覧

モーターショー

記事一覧

特別企画

記事一覧

クラブインデックス

記事一覧

長期使用報告

記事一覧

イベント・カレンダー

記事一覧

ギャラリー

記事一覧

新刊&バックナンバー

記事一覧