特別企画

2016.11.30

アルピナD3ビターボ・ツーリング ーー AUTOCAR編集部が選ぶ2016年の50台

3シリーズがあらゆるサルーンモデルのベンチマークであるように、D3はアルピナ・ブランドの姿を示す事実上のスタンダードモデルとなっている。昨年その3シリーズがマイナーチェンジを受けたことで、アルピナD3も新しい姿を手に入れたのだが、これが堅物ばかりの英国版編集部で褒めちぎられている。

外観は、新デザインのフロント・スポイラーとリア・バンパースカート、クローム仕上げのキドニーグリル、前後ライトのLED化といった変更にとどまる。慎ましきエクステリアチューンを信条とするアルピナだけに、最大1500ℓのラゲッジを持つD3ビターボ・ツーリングは、“出来のいいスポーティワゴン” 程度に見過ごされがちである。しかし、これが化け物だった。

ツインターボの直6ディーゼルは、最高出力を350ps、最大トルクを71.4kg-m(!)まで引き上げ、0-100km/h加速をわずか4.6秒で走り切る。コンフォート・モードでは水面を進むような乗り味でドライバーを魅了するが、スポーツ・モードに切り替えるとグリップを引きだすために脚もとが引き締まり、スロットルは極めてシャープな反応を示す。慎ましきワゴンが、パフォーマンス・モンスターに転じた瞬間である。

インテリアは、アルピナのトレードマークとなっている高級ウッド「エルム」のトリムや「ラヴァリナ」レザーを選べるのだが、驚くことにBMWオリジナルの仕立てのままにすることも可能だ。M3を乗るタイプの人には理解が難しいところだろう。

AUTOCAR編集部が2016年の50台に選んだワケ

端的に言って、AUTOCARのテストで5つ星を得たモデルを50台から外すわけにはいかない。依存症があるとまで言われる強烈なトルクを持ち、276km/hのトップスピードでクルージングできるエステートモデルが、17.0km/ℓの燃費(JC08モード)を記録するなんて誰が思うだろう。

数年前にC63とD3を比較試乗したとき、2台が互角の走りをしたにもかかわらず、テスト中の燃費でD3が3倍上回っていたことは、英国版編集部では今でも語り草になっている。

 

▶ 海外初試乗 / アルピナXD3

アルピナD3ビターボ・ツーリング

●価格:10,730,000円 ●右ハンドル ●巡航最高速度:274km/h ●0-100km/h加速:4.6秒 ●燃費:17.0km/ℓ ●CO2排出量:NA ●ボディ・サイズ:4645×1800×1450mm ●車両重量:1730kg ●エンジン:直列6気筒2992ccツインターボ・ディーゼル ●最高出力:350ps/4000rpm ●最大トルク:71.4kg-m/1500-3000rpm ●ギアボックス:8速オートマティック ●タイヤ:245/35 ZR19 + 265/35 ZR19

ニコル・オートモビルズ http://alpina.co.jp/


 

初試乗

記事一覧

モーターショー

記事一覧

特別企画

記事一覧

クラブインデックス

記事一覧

長期使用報告

記事一覧

イベント・カレンダー

記事一覧

ギャラリー

記事一覧

新刊&バックナンバー

記事一覧