特別企画

2016.11.30

キャデラックCT6 ーー AUTOCAR編集部が選ぶ2016年の50台

キャデラックCT6とは何か? を説明するに際して、キャデラックのモデル・ラインナップを一度おさらいしておく方がいいだろう。

現在、日本の市場で展開されるキャデラックのモデル群は、ATS、CTS、CT6、SRX、エスカレードの5種類である。車体の小さい順に並べた。SRXとエスカレードは、いわゆるSUVである。

つまりCT6は、セダンのラインナップの頂点に位置する。ボディ・サイズは、全長×全幅×全高=5190mm×1885mm×1495mm。しばしばフラッグシップという言葉で表現されるとおり、高級感を武器としている。

高級感というのは、主にこだわり抜かれたウッド・トリムや、セミ・アニリン・フル・レザー・シート、丹念な織りのカーボンファイバーやガルバノ・クロームなどに代表される、いわゆる静的なものであると想像されやすいが、動的な部分、つまり走りに関しても高級である。

心臓部は新世代の直噴3.6ℓV型6気筒ユニットだ。可変バルブ・タイミングや直噴システムのアシストを受けるこれは340psと39.4kg-mを生みだす。これをアクティブ・オンデマンドAWD、アクティブ・リア・ステアを介して、タイヤに伝える。

どっしりと落ちついたラグジュアリー・セダンのイメージを再定義したいとキャデラックは目論んでいる。今のキャデラックとは何か? を知りたければ、CT6に乗ればいい。

AUTOCAR編集部が2016年の50台に選んだワケ

現在、ラグジュアリー・セダンのカテゴリーを席巻しているのはドイツ勢と言ったとしても、もはや間違いではないだろう。ただ、このクラスのクルマを買う層は、安心や安定感を求めることと並行して、今までにない刺激を求めている。革新という言葉が似合うCT6。期待を込めた選出である。


▶ 海外初試乗 / キャデラックCT6プラチナム

キャデラック CT6 プラチナム

●価格:9,980,000円 (税込み) ●ボディ・サイズ:5190×1885×1495mm ●車両重量:1920kg ●エンジン:V型6気筒3649cc ●最高出力:340ps/ 6900rpm ●最大トルク:39.4kg-m/5300rpm ●ギアボックス:8速オートマティック ●タイヤ:245/40R20 + 245/40R20

ゼネラルモーターズ・ジャパン/キャデラック http://www.cadillacjapan.com/ct6/


 

初試乗

記事一覧

モーターショー

記事一覧

特別企画

記事一覧

クラブインデックス

記事一覧

長期使用報告

記事一覧

イベント・カレンダー

記事一覧

ギャラリー

記事一覧

新刊&バックナンバー

記事一覧