特別企画

2016.12.13

ロールス・ロイス・ドーン ーー AUTOCAR編集部が選ぶ2016年の50台

大まかにいえばレイスやゴーストとベースは同じなのだが、アウターパネルの80%を新設計したというから単なる派生モデルの域を超えている。

レイスと同じ4名分のシートを備えたキャビンに入るには、ヒンジを後ろにもつコーチドアを開く。ロールス自ら、“もっとも頑丈な4シーター・コンバーチブル” と呼ぶのは、ハードトップを失ったにもかかわらず剛性を保つこのパッケージングの成果だという。

幌の耐久性を増すための工夫や、車体の剛性を高めたことで200kgの重量増をともなうが、2640kgという乾燥重量は好結果と捉えていいだろう。

なにしろ、6.6ℓのツインターボV12は570ps/5250-6000rpm、83.6kg-m/1600-4750rpmを発揮する。その動力は、ナビゲーションの情報をもとに変速の予測機能を備えたZF製8速ATを介して後輪を駆動。0-100km/h加速は4.9秒というパフォーマンスだから2.5t越えの重量も気にならない。

基本的にはやわらかい乗り味だが、ボディのモーションはうまく制限されている。簡単にマナーを変えないボディ剛性の高さがすぐに感じられるうえ、車重からはおよそ想像のつかないコントロールのしやすさにも驚く。250km/hでクルーズすることも容易い。

室内のほとんどはレザーとウッドで覆われ、派手な姿なのに上品な領域にとどまっているのは、ロールスの優美さゆえのバランスだろう。風切り音はほとんど聞こえず、レイスよりも巡航時の騒音が数db小さくなっているそうだ。21秒で開閉するルーフは、時速50km/hまで操作でき、ルーフを閉じれば室内はしんと静まりかえり、“もっとも静粛なオープントップ” の言葉に偽りはない。

AUTOCAR編集部が2016年の50台に選んだワケ

これほど静かでなめらかなクルマは誰にとっても初めての体験であろう。価格は37,400,000円だが、アジア太平洋地域では日本が最も需要の多い市場になるという。ロールス・ロイスは若い層をターゲットとしているが、ドロップヘッドになっても嫌な点が見当たらないとくれば、顧客の多くが乗り換えるはずだ。このカテゴリーに新たなスタンダードが生まれた瞬間である。
 

▶ 海外初試乗 / ロールス・ロイス・ドーン
▶ 国内ニュース / ロールス・ロイス・ドーン、日本国内で初公開

ロールス・ロイス・ドーン

●価格:37,400,000円 ●最高速度:250km/h ●0-100km/h加速:4.9秒 ●ボディ・サイズ:5295×1945×1505mm ●車両重量:2640kg ●エンジン:V型12気筒6591cc ●最高出力:570ps/5250-6000rpm ●最大トルク:83.6kg-m/1600-4750rpm ●ギアボックス:8速オートマティック ●タイヤ:255/45R20 + 285/40R20


初試乗

記事一覧

モーターショー

記事一覧

特別企画

記事一覧

クラブインデックス

記事一覧

長期使用報告

記事一覧

イベント・カレンダー

記事一覧

ギャラリー

記事一覧

新刊&バックナンバー

記事一覧