特別企画

2016.12.15

ジャガーXE ーー AUTOCAR編集部が選ぶ2016年の50台

新開発や新設計という言い回しの多くは、その前に “従来型をベースにした” というまくら言葉を隠している。それだけに「白紙状態から自社設計・開発する」と発表されたINGENIUMディーゼル・エンジンには、編集部も熱い視線を送ってきたし、ジャガー・ランドローバーもその期待に応える仕事をしてくれた。そしてこの成功を象徴するモデルが、やはり新開発のアルミニウム・アーキテクチャを初採用したジャガーXEなのである。

180ps/4000rpmのパワーと430Nm/1750-2500rpmのトルクを生み出す低摩擦の2ℓオールアルミニウム製ターボユニットは、堅牢なシリンダーブロックとツイン・バランサーシャフトを採用したことで、振動の発生を根本から抑えることに成功した。ディーゼルエンジンの微振動も音も気にならないXEは、高速クルージングでは車格が上のクルマよりも静かに感じられるほどである。

後輪駆動のXEは、アルミニウムを多用したモノコックボディで、クラストップレベルの軽量化と強度を両立したモデルである。その新型モノコックの剛性感は圧倒的だ。長いホイールベースと低めのドライビングポジションを確保しながらも、車内の快適性が損なわれないのは高い剛性があってこその美点である。独特な織模様のファブリック調シートは実に座り心地が良く、素直に身体の線に馴染んで、腰や背中の部分を優しく抱きかかえてくれるのも好ましい。

ジャガーいわく、フロントにダブルウィッシュボーン式、リアにインテグラルリンク式のサスペンションを採用したことで、ホイールの位置決めやキャンバー角をセットしやすく、グリップを引きだせるのだという。コーナリングバランスに長け、乗り味もなめらかなXEは、ステアフィールが速度に依存することなく首尾一貫しており、ロールコントロールも完璧にこなす希有なモデルとなった。

AUTOCAR編集部が2016年の50台に選んだワケ

一貫という言葉がジャガーXEを表現する適切な言葉だと思っている。なにしろ一貫性を見失う多くのクルマは、「従来型をベースにした」開発に行き詰まっているのである。思い切った技術革新に踏み切ったことで、流麗なスタイリングと軽量なボディを手に入れ、高いハンドリング性能と17.1km/ℓの高燃費を実現したジャガーXE。英国の名門は、移動時間を快適に過ごすだけではなく、乗って楽しいクルマを作り上げた。
 

▶ 特別企画 / ジャガー注目の2モデルに乗る
▶ 徹底解説 / ジャガーXE

ジャガーXE PURE

●価格:5,070,000円 ●最高速度:228km/h ●0-100km/h加速:7.8秒 ●燃費(JC08モード):17.1km/ℓ ●ボディ・サイズ:4680×1850×1415mm ●車両重量:1660kg ●エンジン:直列4気筒1999ccディーゼルターボ ●最高出力:180ps/4000rpm ●最大トルク:430Nm/1750-2500rpm ●ギアボックス:8速オートマチック ●タイヤ:205/55ZR17

ジャガー・ランドローバー・ジャパン http://www.jaguar.co.jp/jaguar-range/xe/index.html


初試乗

記事一覧

モーターショー

記事一覧

特別企画

記事一覧

クラブインデックス

記事一覧

長期使用報告

記事一覧

イベント・カレンダー

記事一覧

ギャラリー

記事一覧

新刊&バックナンバー

記事一覧