特別企画

2016.12.15

ラディカルSR3 SL ーー AUTOCAR編集部が選ぶ2016年の50台

いきなりの登場である。名前はラディカルSR3 SL。リリースのてっぺんにモデル名が書かれており、その直下にストリート・リーガル・レーシングカー(公道走行可能)という文字が、ほとんどおなじ級数で並んでいる。

そうでも書いておかなければ、「いったい、どこを走れるのか?」と、不安に思われてしまう、そう、判断したのだろう。以下の数字を見れば、その判断が賢明だったと、すぐにわかるに違いない。

さて、エンジンは水冷直列4気筒ターボを搭載する。パワーは240ps/5500rpmと34.7kg-m/1750rpm。あれ、10気筒でも500ps超えでもない! と侮ることなかれ。ボア×ストローク=φ87.5mm×83.1mmのこれは、たったの795kgしかない車体を引っぱる。

ボディ・サイズは4100x1790x1130mmで、最低地上高は100mm。あぁ、本当に公道を走れるのだろうか。

サスペンションは前後ともにダブルウイッシュボーン。ギアボックスは、シングル・クラッチ方式のセミ・オートマティック。0.08秒でシフトできる。

AUTOCAR UKが独自で記録しているラップ・タイムは、かつてブガッティ・ヴェイロンSSやアリエル・アトムV8を塗り替えた。ロード・テストを仕切るマット・プライヤーは、動画のなかで “Radical SR3 SL is one of the most exciting vehicles we’ve ever tested(=これまでテストしたなかで、もっともエキサイティングな1台だ)” と声を弾ませながら語っている。

ところでSLって、何の略がご存知ですか? ストリート・リーガル、つまり ‘合法的に公道を走れますよ’ という意味です。しつこいようだが、念のため。
 

AUTOCAR編集部が2016年の50台に選んだワケ

担当の筆者は、「2016年の50台」という言葉を見て、チャンスだと思った。「2016年にデビューした50台」だったら、このクルマを選べなかったが、「2016年の」だから、べつに「2016年も輝きを失わなかった」とこじつける(?)ことも可能だからだ。あるいは無理やりだと指摘する向きもあるかもしれないが、コジツケてまで選びたいと思ったほど、SR3 SLは特異な輝きを放ちつづけている。これを日本で買えることが、誇らしい。
 


 

▶ 動画 / ラディカルSR3 SL

ラディカルSR3 SL

●価格:13,900,000円〜 ●ボディ・サイズ:4100x1790x1130mm ●車両重量:795kg ●エンジン:直列4気筒1999ccガソリン・ターボ ●最高出力:240ps/5500rpm ●最大トルク:34.7kg-m/1750rpm ●ギアボックス:6速シーケンシャルMT ●タイヤ:205/50ZR15(前)/245/45ZR16(後)

エス・ティー・オー http://www.sto-radical.com/pg90.html


 

初試乗

記事一覧

モーターショー

記事一覧

特別企画

記事一覧

クラブインデックス

記事一覧

長期使用報告

記事一覧

イベント・カレンダー

記事一覧

ギャラリー

記事一覧

新刊&バックナンバー

記事一覧