特別企画

2016.12.26

スポーティ&ラグジュアリーの本質、ベントレー・フライングスパーV8 S

サルーン・モデルとしての基本的な機能には、もはや不満らしい不満は見当たらない。高級な素材を用いて、熟練した職人による、伝統的な手作業の工程を数多く残しながら製作されるベントレーのキャビンは、このフライングスパーに限らず、究極のラグジュアリーというものをカスタマーに感じさせる。これならば長時間の移動でさえ、あるいは渋滞中であったとしても、それは至福の時間に変わるに違いない。上質で高級なものに包まれると、人は優しく、そして穏やかになる。それを証明するかのような魅力的なキャビンだ。

けれども個人的には、このフライングスパーV8 Sを、ショーファー・ドリブンカーとして所有するよりも、むしろ積極的にドライバーズカーとして使用するライフスタイルにこそ、憧れというものを感じる。ドライバーズ・シートに身を委ねても、例の究極のラグジュアリーは十分にそれを感じることができるし、ドア・ミラーに映る、ボディ・サイドのシャープなキャラクター・ラインを眺めながら、このサルーンが大量生産のそれとは異なる、いかにきめ細やかな工程を経て生み出されているのかをイメージする瞬間に、カスタマーとしての誇りを感じることができるからだ。このドア・ミラーの中で動くことのないキャラクター・ラインと、瞬間的に流れ去っていく景色との対比。それを楽しむ時間は本当に贅沢だ。


next page熟成を重ねた完成度の高いパワーユニット


初試乗

記事一覧

モーターショー

記事一覧

特別企画

記事一覧

クラブインデックス

記事一覧

長期使用報告

記事一覧

イベント・カレンダー

記事一覧

ギャラリー

記事一覧

新刊&バックナンバー

記事一覧