スバルWRX

2014.08.26


スバルは、新型WRX STIおよびWRX S4を発売した。昨年のロサンゼルス・モーターショーでワールド・プレミアを果たした新しいWRXは、インプレッサという名に別れを告げたものの、歴代モデル同様に絶対的な速さと、クルマを操る愉しさの両立を目指して開発されたという。

今回日本での発表を迎えたWRX STIは、”Pure Power in Your Control” という商品コンセプトのもとに、ボディ、シャシーの性能を極限まで高めた同シリーズのトップ・グレードで、対するWRX S4は、AWDスポーツ・パフォーマンスを有しながら、EyeSight(ver.3)を含めた総合安全性能、優れた環境性能、洗練された質感を求めたモデルになっている。

STI、S4ともに2グレード設定となり、上級グレードのSにはビルシュタイン製ダンパーやリア・ウイングが装備される。

先行して発表された北米や欧州に遅れること半年。ついに日本デビューを果たしたスバルの走りのフラッグシップについて詳しく見ていくことにしよう。

エクステリア


新型WRXの外観は、従来型のイメージを残しながらも、すっきりとした新しいルックスを手に入れている。また細部を見ていくと、スバルの現行ラインナップに見られる新デザイン・モチーフが取り込まれていることに気づく。

フロント・フェイスは、グリルとバンパーを1ピースにまとめた “ノーズ・コーン” 構造で、近年のスバルのアイデンティティとなる六角形のヘキサゴン・グリルと、新開発のホーク・アイ・ヘッド・ランプが特徴となっている。

大きな変化を感じられるのはサイド・ビューで、Aピラー下端を従来型に比べて200mm前方に出すとともに、Cピラーをトランク面にスムーズに繋げたことで流れるようなシルエットへと進化した。また、フロント・フェンダー・ダクトと専用サイド・シル・スポイラーといった装備により、スポーティさが強調されている。

リア・デザインは、ディフューザー一体型バンパーやツイン・デュアル・タイプのテール・パイプ、薄型に造形されたリア・コンビ・ランプの採用により、高い走行性能や重心の低さ、車両のワイド感を強調している。また空力性能を向上させるために、STIには大型、S4には小型のリア・スポイラーが装備されている。

その他にも、テール&ストップ・ランプ、ハイマウント・ストップ・ランプ、さらにオプションとなるが車幅灯とロー側のヘッドラップにLED光源が採用された。また、シャーク・フィン・アンテナ、新開発の18インチ・アルミ・ホイールが新たに装備されている。これにくわえSTIには、専用装備としてフロント・グリル・フェンダーなどに “STI” のレターマークがあしらわれる。

ボディ・サイズは、全長x全幅x全高が4595x1795x1475mm。これは、従来型と比較してそれぞれ+15、±0、+5mmというサイズになっている。また、新型の大きな変更点としてホイールベースが従来型から25mmも延長され、2650mmとなっているが、その全てが後席のレッグスペース拡大に用いられたという。