メルセデス・ベンツGLC

2016.02.09

GLCはGLKの後継車。メルセデスのSUVのなかではミドル・クラスだ。

先代のGLKは(一応)日本でも販売されていた。失礼を承知ながら一応と書いたのは、グレードが1種(350 4マティック)しかなく、左ハンドルのみだったからだ。

一方、最新のGLCはわが国の道路事情に合わせて右ハンドル仕様が用意されるとのことなので、日本での展開も(今回こそ)期待がもてそうだ。

詳細はあとに回すが、GLCはざっくりといってCクラスをベースとしている。よってディメンションや内装は共通しているところが多い。

まずはサイズから、以下の項で掘り下げていこう。

エクステリア





GLCの全長は4660mm、全幅は2096mm、全高は1645mm。基礎をシェアするCのクラスの全長は4715mm、全幅は1810mm、全高1430mm。結構ちがう。

一方、先祖にあたるGLKの全長が4550mm、全幅は1840mm、全高は1670mmだった。前後左右が伸び、上下が縮んだことになる。

ちなみにライバルのBMW X3の全長は4665mm、全幅は1880mm、全高は1675mm。当ててきたな! と思えてくる。

オーバーハングを短くしたのは、スポーティさを喚起するためだという。確かに真横からみると引きしまって感じる。ヘッドライトやサイドを流れる2本の太いライン、さらにテール・ライトをつなぐシルバーのパーツなどは、Cクラスと共通した言語。フェンダー・アーチモールやルーフ・レールの造形などはSUVらしさをもたらすための演出。背の高さと相まって、たくましいルックスを実現している。

GLKよりも遥かに大きくなっているGLCは、実は50kg軽い。50kgである。ボディに用いたアルミと高〜超高強度鋼のなせる技だ。

実は軽量化にはシャシー側の努力も影響している。次ページをご覧あれ