徹底解説

2016.09.07

ダイハツ・ムーヴ・キャンバス

ダイハツ・ムーヴ・キャンバス。われわれ報道関係者に配られた資料のひとこと目は、エンジンでもサスペンションでもなく “近年の女性の行動特性に着目” という文字だった。

近年の女性は、
・普段の暮らしの小さな変化
・自身のライフスタイルを楽しむ
という、ふたつを好むのだそうだ。

それだけではない。親との同居世帯の増加にともない、世帯内でクルマを共有する傾向も増えている。そういった層をダイハツは囲みたい。

ところで、キャンバスの意味って、ご存じですか? ‘CAN=できる’ + ‘BUS=バス(自動車)’ を組みわせているんだそうです。

エクステリア




エクステリアをデザインするうえでダイハツがもっとも大切にしたのは「愛らしさ」。何はともあれ、女の子に受けなければならない。

そのためには丸みだ。できるだけ複雑な面構成をさけて、やわらかく、おおらかで、ナチュラルな空気感を創りだすことにした。

なんていう、ふわふわした話はここまで。

ムーヴ・キャンバスにおけるハイライトは、全高が1700mm以下の軽乗用車のなかで、はじめて両側スライド・ドアを採用した点だ。

あれ? 同門のタントも両側スライド・ドアではなかったっけ? とお思いの向きもあるかもしれないが、タントの全高は1750mmである。

ちなみにムーヴ・キャンバスの全高は1655mm。タントより95mm低い。スライド・ドアの開口幅は運転席/助手席ともに595mm。

ホイールベース長はタント/(標準の)ムーヴと共通の2455mm。全長は3395mm。全幅は1475mm。ムーヴとまったく同じである。

ボディ・カラーは、このクルマのアイコンである2トーンが8色、1トーンが9色用意されている。

next page:ダイハツが見出した “女性受けする” 内装テクニックとは?

 

初試乗

記事一覧

モーターショー

記事一覧

特別企画

記事一覧

クラブインデックス

記事一覧

長期使用報告

記事一覧

イベント・カレンダー

記事一覧

ギャラリー

記事一覧

新刊&バックナンバー

記事一覧