徹底解説

2016.09.07

ダイハツ・ムーヴ・キャンバス


 

シャシー

まずはサスペンションの話から。

フロントはFF/4WDともにマクファーソン・ストラットだが、リアはFFがトーションビーム式、4WDが3リンク式となる。

3リンク式としたのは、構造そのものがシンプルで強度が高いということが理由と思われる。4WDとしてはポピュラーな手法だ。

アンダーボディは、ムーヴの開発で得た経験をもとに、ムーヴ・キャンバスならではの補強が加えられた。

ブレーキはフロントがディスク、リアはリーディング・トレーリング(ようするにドラム式)。

ラック&ピニオンの電動パワー・ステアリングは(もちろん)市街地の走行に特化したものとなっている。

タイヤは駆動方式を問わず、前後同じサイズの155/65R14となる。なお、展示された車両にはブリヂストン・エコピアが組み合わされていた。

パワートレイン


エンジンは水冷の直列3気筒。12バルブDOHCを横置きしている。

排気量は658ccで、ボア×ストロークは63.0mm × 70.4mm。

ターボによる過給を受けないことを含め、ムーヴの自然吸気ユニットとまったく同じものである。

最高出力は52ps/6800rpm、最大トルクは6.1kg-m/5200rpm。

低燃費への工夫としては、
・樹脂化ボディ
・高着火スパーク・プラグ、
・低抵抗・エンジン・オイル
・CVT制御の最適化
を含むe:Sテクノロジーが代表的。

また意匠は、たんにかわいさだけを求めているのではなく、空力も考えている。よってCd値を抑制することに成功している。

2WDの燃費は28.6km/ℓ。4WDの燃費は27.4km/ℓ。エコカー減税対象である。もちろん。

next page:スペック表で読み解くダイハツ・ムーヴ・キャンバス


 

人気コンテンツ