徹底解説

2016.12.15

超・徹底解説 マツダCX-5

■インテリア

安易に広くしなかった室内 タイトさで一体感を

まずは室内サイズの比較から。

モデル・チェンジ前
モデル・チェンジ後
ホイールベース 2700mm 2700mm
室内長 1890mm 1910mm
室内幅 1540mm 1530mm
室内高 1265mm 1280mm

数値情報だけ見ると、モデル・チェンジ前よりもモデル・チェンジ後の方がタイトになっているような印象も受けるが、そこにはマツダなりの考えがあるようだ。

何より大切なのは理想的なポジション

ドライバーズ・シートに腰を下ろし、無意識に足を開いた位置にペダルを、腕を伸ばした位置にステアリングを配置するよう心がけた。そのうえでフロア・コンソールの高さを上げ、シフト・ノブの位置を先代モデルより約60mm上方に設置。

操作性をさらに高めるとともに、センター・アーム・レストとドア・アーム・レストがほぼ同じ高さになることで、左右のバランスをとる。

視界にもこだわりが見られる。Aピラーを約35mm後退させて室内からの左右の見開き角を大きくするとともに、ドア・ミラーを小さくすることでAピラーの隙間を大きくして、斜め方向の視認性を高めている。ただ、ピラーが後退することで圧迫感が生じる恐れがある。そこでマツダは、断面形状に工夫を施した。

後方視界では、ベルト・ラインの高さをモデル・チェンジ前よりもわずかに低くしたうえ、リア・ウインドウを1枚ガラスにすることで、視認性をあげているのだ。

next page大切なのは居心地のよさ デザインはそのためのもの

 
 
 

雪上試乗 ▶ マツダCX-5概要 ▶ エクステリア ▶ エンジン ▶ シャシー
インテリア ▶ 装備 ▶ グレードと価格 ▶ 開発者インタビュー