徹底解説

2016.12.15

超・徹底解説 マツダCX-5

グレードと価格

今回、CX-5で展開されるのは、2.2ℓディーゼルが6グレード、2.0ℓガソリンが2グレード、2.5ℓガソリンが4グレードとなる。2.0ℓガソリンが2WDのみで後は2WD、4WDの設定がある。トリムは、ベーシック・モデルがXD、25S、20Sで、その上にPROACTIVE、トップグレードとしてL Packageがある

ベーシック・グレードのXDおよび25S、20Sにはアドバンス・スマート・シティ・ブレーキ・サポートのみが標準装備。その上のPROACTIVEおよびL PackageにはアダプティブLEDヘッドライト(ALH)、ブラインド・スポット・モニタリング&リア・クロス・トラフィック・アラート、レーンキープ・アシスト・システム(LAS)、車線逸脱警報システム(LDWS)、交通標識認識システム(TSR)、ドライバー・アテンション・アラート(DAA)、マツダ・レーザー・クルーズ・コントロール(MRCC)、スマート・シティ・ブレーキ・サポート(SCBS)、AT誤発進抑制制御、スマート・ブレーキ・サポート(SBS)が付く。

つまり、今回のCX-5の目玉の一つでもあるi-ACTIVESENSEを搭載していることを考えれば、ベーシック・グレードという選択はあまり考えられず、PROACTIVEよびL Packageが選択の中心となろう。

また、PROACTIVEとL Packageとの違いは、フォグランプやニーレスト・パッド、サテンクロームのパワー・ウインドー・スイッチ、リア・アームレスト、ピアノブラック・ピラー・ガーニッシュ。スタリング・ヒーターといった装備の違いで、メカニカル的な差異はない。

ボディ・カラーは全8色。右の写真の上から、ソウルレッドクリスタルメタリック、マシーングレープレミアムメタリック、ジェットブラックマイカ、チタニウムフラッシュマイカ、ソニックシルバーメタリック、ディープクリスタルブルーマイカ、エターナルブルーマイカ、スノーフレイクホワイトパールマイカというもの。ちなみに、最近のマツダ車はレッドが常に全体比率の20%を越えているという。また、マシーングレーも同じく20%を越えている。この2色が好調とのこと。

月間販売台数は2,400台。発売は来年の2月2日からとなる。

2.2ℓディーゼル 2WD XD 2,775,600円
 ↑  ↑ XD PROACTIVE 3,002,400円
 ↑  ↑ XD L Package 3,299,400円
 ↑ 4WD XD 3,002,400円
 ↑  ↑ XD PROACTIVE 3,229,200円
 ↑  ↑ XD L Package 3,526,200円
2.5ℓガソリン 2WD 25S L Package 2,986,200円
 ↑ 4WD 25S 2,689,200円
 ↑  ↑ 25S PROACTIVE 2,916,000円
 ↑  ↑ 25S L Package 3,213,000円
2.0ℓガソリン 2WD 20S 2,462,400円
 ↑  ↑ 20S PROACTIVE 2,689,200円

 

next page児玉眞也主査に聞く

 
 
 

雪上試乗 ▶ マツダCX-5概要 ▶ エクステリア ▶ エンジン ▶ シャシー
インテリア ▶ 装備 ▶ グレードと価格 ▶ 開発者インタビュー