徹底解説

2017.05.09

ダイハツ・ミラ・イース

[編集部より]

ダイハツ・ミラ・イース、もはやお馴染みのモデルですね。今日、5月9日にモデル・チェンジしたこのクルマ、どこがどう変わったのでしょう? 一緒に勉強してみませんか?

text:Yasuhiro Ohto (大音安弘)

 

エクステリア ▶ 装備/インテリア ▶ シャシー/エンジン ▶ スペック

■プロローグ

「ミニマム」で「安全」

ダイハツのエコな軽自動車であるミラ・イースがフルモデルチェンジし、2代目へと進化した。

ミラ・イースは、ダイハツが軽自動車だからこそ実現できる、ハイブリッドカーやEVに続く「第3のエコカー」として2011年に送り出した新カテゴリーの軽自動車だ。

その魅力は「低燃費」だけに留まらず、「低価格」、「低資源」と徹底的にミニマムなクルマであること。

新型でもこの基本を受け継ぎ、最高35.2km/ℓの低燃費、80万円台からの低価格、先代比最大80kgの軽量化を実現。

さらに時代が求める新たな価値として「安心・安全」を追求し、軽量高剛性ボディや衝突回避支援機能の「スマートアシストIII」などを採用しているという。

グレード構成は、エントリー・グレードのB、L、X、Gの4グレードを用意。価格は、84万2,400円〜133万9,200円となっている。

では早速、大幅なアップデートが図られた新型の詳細に迫ってみたい。

 

エクステリア ▶ 装備/インテリア ▶ シャシー/エンジン ▶ スペック