徹底解説

2017.09.06

日産リーフ モデルチェンジ 走行距離400km プロパイロット・パーキング搭載

[編集部より]

日産リーフ新型が、世界同時にワールドプレミアされました。航続可能距離400km/プロパイロット/自動パーキング機能搭載の2代目を、徹底解説します。

text:Yasuhiro Ohto(大音安弘)

もくじ

プロローグ
日産リーフ、2代目にフルモデルチェンジ
エクステリア
外観:シャープな近未来テイスト
インテリア
内装:高級セダン並みの静粛性
パワートレイン
パワートレイン:走行距離/バッテリー/充電
装備
装備:プロパイロット/プロパイロット・パーキング
グレードと価格
新型リーフ価格情報 315万360円〜
代表モデルスペック
航続可能距離400km達成 スペック詳細

プロローグ

日産リーフ、2代目にフルモデルチェンジ

2017年9月6日、日産の電気自動車リーフが第2世代へとフルモデルチェンジし、世界初公開された。初代リーフは、2009年8月に現実的な価格の国産電気自動車として発表されたことは、まだ記憶に新しい。

2010年12月の発売当初は、24kWhのリチウムイオン電池を搭載し、航続距離が200kmだった。その後もリーフは進化を続け、最終型ではリチウムイオン電池を30kWhまで拡大し、航続距離は280kmまで伸ばすことを実現した。

結果、グローバルで累計28万3000台以上を販売し、世界で最も販売台数の多い電気自動車まで成長を遂げた。

そんな電気自動車の新たな歴史を切り開いた初代の発売より7年を迎えてデビューする2代目は、航続距離を先代デビュー時の2倍となる400kmを実現し、実用性を向上。さらに高速道路同一車線自動運転技術「プロパイロット」に加え、自動駐車を実現した「プロパイロット・パーキング」を採用するなど自動運転支援機能も、一歩進んだ内容となっている。

新価格が現行型と同等の315万360円〜399万600円という点も興味深い。日産では新型リーフの魅力を「未体験の驚きの走り」と「未来の運転でワクワクを」としている。では、具体的にどんなクルマに仕上げられているのか、新型の詳細を見ていこう。

 

エクステリア ▶ インテリア ▶ エンジン ▶ 装備 ▶ グレードと価格 ▶ スペック