徹底解説

2017.12.14

新型スズキ・スペーシア/同カスタム 燃費/価格/内装 これで分かる

 

プロローグ ▶ インテリア ▶ シャシー ▶ エンジン ▶ 装備 ▶ グレードと価格 ▶ スペック

エクステリア

新型画像 カスタムは先代Z路線

スズキ・スペーシア/スペーシア・カスタム新型

新型スペーシアの最大の魅力は、そのデザインといっても過言ではない。愛嬌たっぷりの丸みを持たせたスクエアなスタイルは、旅の友であるスーツケースをモチーフとしたもの。ボディサイドのビードは、まさにスーツケースのそれを連想させる。このデザインには、スペーシアで出かけて家族や仲間たちとたくさん思い出をつくってほしいという開発者たちの願いが込められているという。

スズキ・スペーシア/スペーシア・カスタム新型

ボディサイズは、先代とほぼ同等だが、フロントガラスを立てて、全高のみプラス50mmとなる1785mmとすることでより大きく、そして、室内の広さを連想させる姿となった。新型のポップなイメージを高めるボディカラーは、2色の新色を含む全10色を設定。上級の「ハイブリッドX」では、ツートーンルーフ仕様が用意され、外装色に合わせてブラックかホワイトをコーディネートした4色から選択可能となっている。

スズキ・スペーシア/スペーシア・カスタム新型

上級仕様となるカスタムは、基本デザインを共用しながらも、見事なイメチェンを図っている。シャープなデザインのヘッドライトや大型メッキグリルを備えた専用フロントマスクをはじめ、エアロタイプの前後バンパーやサイドスカート、メッキ仕様のガーニッシュとするなど変更を加え、独自の世界観を演出。アグレッシブなスタイルへと進化させている。装備もアップデートされ、LED式のライトユニットやアルミホイールを標準化。さらに上級グレードの「ハイブリッドXS/ハイブリッドXSターボ」では、切削光輝意匠を取り入れた15インチアルミホイールを装着する。ボディカラーは、専用色を含む全9色に加え、ブラックルーフ仕様の5色を設定している。

next page後席ドア スライド量50mm拡大

すべての画像をみる

 

人気コンテンツ