徹底解説

2018.02.06

ランボルギーニ・ウルス 国内発表 内外装/価格/燃費/装備を解説

 

はじめに ▶ 外観 ▶ シャシー ▶ エンジン ▶ 装備 ▶ スペック

内装

ラグジュアリーSUVとスーパーカーを融合

ウルスのインテリアは、ラグジュアリーSUVとスーパーカーの要素と魅力をクロスオーバーさせた、実に欲張りなものだ。それは吟味された最高級の素材で装飾した室内のことでもあり、最新のインフォテインメントシステムなどの充実の先進機能によるものでもある。

ただ一言でいえば、決して、ウルスは単にラグジュアリーなSUVではないことだ。それを最も感じるのは、ドライバーだろう。低い着座位置のスポーツシートに収まると、目前に広がるパドルシフト付きのスポーティな3本スポークステアリングとフル液晶カラーメーターパネルが備わる。

コクピットの雰囲気は、まさにスーパーカーそのものといえる。スターターも、戦闘機からインスパイアされた特徴的なスイッチが与えられているのも他のモデル同様だ。

先にも述べたが、SUVながら、シートポジションが低めなのもウルスのポイント。これもスーパーカーとのオーバーラップを感じさせる演出なのだろう。

通常は、フロントスポーツシートとリアベンチシートの組み合わせの5名乗車仕様となる。もちろん、SUVらしい実用性にも併せ持ち、ラゲッジスペースは、通常時で616ℓ。後席を畳めば、最大1596ℓまで拡大可能となる。後席については、オプションで左右独立式のスポーツシート仕様も用意されており、この場合、定員は4名となる。

 

人気コンテンツ