ミラ・トコット 価格107万4600円~のダイハツ新型軽 内装/装備/燃費を解説

2018.06.25

ダイハツ・ミラ・トコットのインテリア

室内高はミラ・イースより30mm高い1270mmで、ゆとりあるヘッドクリアランスを実現している。水平貴重なインパネまわりはスッキリしたデザインで、スクエアなボディとともにフードの先端が見やすく車両感覚がつかみやすい。

ベーシックグレード以外に採用されたセラミックホワイトのインパネガーニッシュは、陶器のようなクリーンな感覚で、暖かみのあるホワイトと滑らかな丸みが、やさしく、柔らかな印象を演出している。シンプルなアナログメーターは視認性が高く、TFT液晶のマルチインフォメーションディスプレイも設定される。

ファブリック地のシートは、背もたれ部は明るい印象のベージュ、汚れやすい座面には茶色を配色した2トーンとした。ほとんどの人がベストなドライビングポジションが取れるように、運転席シートリフターやチルトステアリングも備わる。

運転席まわりには豊富な物入れやショッピングフックが備わり、このあたりも女性ユーザーを意識したクルマらしい装備だろう。

 

人気記事