新型クラウン発売 内装/スペック/価格/コネクティビティを徹底解説

2018.06.26

新型トヨタ・クラウンのエクステリア

新型のエクステリア・デザインは「凝縮された強さと、洗練されたエレガンスを両立させたスポーティセダン」がテーマ。ロングノーズで6ライト・ウインドウの採用によるセミファストバック・スタイルとなったのが特徴だ。

開発陣がライバルはドイツのEセグメント・サルーンを目していたと語るように、これまでのクラウンとは違ってボディを引き締めタイヤ/ホイールが踏ん張るヨーロッパ調のテイストとされた。

フロントグリルのイメージは前モデルを受け継ぐが、全体的にスポーティで存在感のあるデザインに仕立て上げられている。一方で車幅は日本の道路での取り回しを考慮して1800mmに留め、最小回転半径は5.3mとされているのもクラウンならではの拘りといえる部分だ。

RSシリーズにはメッシュのラジエター・グリルと低重心でワイドに見せるフロントスカートのデザインとモール、操安性向上に寄与するサイド・エアダム・スカート、専用18インチ・アルミホイール、4本出しテールパイプ、リアスポイラーの採用によりスポーティ感を強調している。

このほか流れるように点灯する「LEDシーケンシャル・ターンシグナルランプ」もRSシリーズにのみ備わる。

 

人気記事