新型クラウン発売 内装/スペック/価格/コネクティビティを徹底解説

2018.06.26

新型トヨタ・クラウンの装備

新型クラウンで初めて採用されたのが、トヨタが新たなモビリティライフを提唱するドライバー、街、社会をつなげるコネクティッド・サービスのTコネクティッドだ。

Tコネクティッドをすべてのオーナーに体感してもらうために専用通信機DCMが全グレードに標準装備され、通信料を含むTコネクティッド・サービスが3年間無料で提供される。

ドライバーとつながるサービスは、警告灯点灯時にコールセンターからアドバイスを受けられる。さらに、車両のコンディションの確認、ドライブ診断、遠隔からスマホでドアロックやハザードの確認、リモート操作ができる。このほか事故や急病時には専任のオペレーターが警察や消防に取り次ぐことも可能だ。

便利機能としては専任オペレーターがナビ目的地の設定や、ホテル、レストランの予約などのリクエストに対応するほか、音声対話で目的地や天気などの情報検索が行える。さらに、スマホのLINEマイカー・アカウントを利用すれば、LINEのトークでナビの目的地登録が行えるほか、ガソリン残量や天気などの情報が得ることができる。

また、トヨタ・スマートセンターが収集した道路情報を配信し、従来の5ルートのほか新たなルートが提供されドライブ時の利便性を高めている。

ボディカラーは標準/オプション7色のほか、時の移り変わる日本の色をテーマとしたボディカラーとインテリアカラーを完全受注生産で用意。ボディカラーは紅(くれない)、茜色(あかねいろ)、夜霞(よがすみ)、翡翠(ひすい)、碧瑠璃(へきるり)、天空(そら)の6色で、どれも情緒豊かな魅力的なカラーだ。

 

人気記事