新型スズキ・ジムニー、シエラ 価格/サイズ/内装/スペックを解説

2018.07.05

スズキ新型ジムニー/ジムニーシエラのインテリア

軽自動車とはいえ、オフロード4WDらしく汚れの目立ちにくいブラック基調のインテリアは、ディテールは現代風にアレンジされているがジムニーらしさを踏襲している。

オフロードなど過酷な環境下での、運転のしやすさや各部の操作性にこだわった、機能に徹したデザインだ。たとえば、車両の姿勢や状況を把握しやすい、水平基調で力強い基本骨格のインストルメントパネルや、ドアミラー付近の視界を拡大するために少し下げられたベルトラインなどが特徴的。

スイッチ類などの操作系には、光の反射をおさえ小傷が目立ちにくい質感の高いシボを採用。シートは、フレームを高剛性&高強度化し、フレーム幅を先代より70mm拡大して、乗り心地を向上している。

前席はヒップポイントを30mm後方に下げたが前後乗員間距離を40mm拡大して居住性を高めた。スクエアなボディ形状でヘッド&ショルダースペースも広げられ、快適性も向上している。

インテリアに関しては、ジムニーシエラも基本的にジムニーと変わりはない。