ここが変わった 新型ジャガーXE 詳しく見る

新型ジープ・ラングラー(JL型)日本発表 価格/ラインナップ/内装/発売日を解説

2018.10.25

新型ラングラーのパワートレイン

日本仕様のエンジンは、新設計の直4 2ℓターボ「N型」と、改良型のV6 3.6ℓ「G型」の2種のDOHC。

N型は最高出力272ps/最大トルク40.8kg-mを発生。ツインスクロール式ターボの採用により、低回転域から高回転域まで優れたアクセルレスポンスを発揮する。

G型は最高出力284ps/最大トルク35.4kg-mを発生。エンジン回転数と負荷に応じてインテークバルブのリフト量を2段階に変化させる2ステージ・バリアブル・インテークバルブリフト機構を採用している。

組み合わされるミッションは、いずれも8速AT。

駆動方式は、従来のパートタイム4WDに加え、ラングラー史上初となるフルタイムオンデマンド4×4システムを全車に採用した。

「4H AUTO」モードでは路面や天候状況に応じて駆動力を自動的に前後配分。オフロードでは「4H」か「4L」のパートタイムモードに切り替えてセンターデフロックが可能となり、強力なトラクションを発揮する。