徹底解説

2018.11.13

解説 BMW 8シリーズ・クーペ新型 日本仕様はM850i xドライブのみ

編集部より

BMWの最上級クーペとして導入される8シリーズの詳細をお伝えします。洗練された高級感と高い走行性能を予感させる内外装を持っています。搭載される新開発の4.4ℓV8ツインターボは530psを発揮し、0-100km/h加速は3.7秒という俊足ぶりです。

text:Wataru Shimizudani(清水谷 渉)

もくじ

プロローグ
BMW最上級クーペ
エクステリア
強烈な存在感
インテリア
高い走行性能を主張
シャシー
走りと快適性を両立
パワートレイン
新開発のV8ツインターボ
装備
充実の安全/快適装備
グレードと価格
M850i 1714万円

スペック
BMW M850iのスペック

プロローグ

BMW最上級クーペ

11月9日、BMWジャパンは、磨き上げられた美しさと、鍛え抜かれた走行性能を誇り、BMWのクーペモデルにおける最上級モデル「THE 8」を冠した新次元のラグジュアリー・クーペ、新型BMW 8シリーズ・クーペを発表し、全国のBMW正規ディーラーで販売を開始する。

BMWのラインナップは、奇数の車名がコンサバティブなセダンとツーリング(ワゴン)、そして偶数の車名がスペシャルなクーペやカブリオレなどとなっている。2シリーズのグラン&アクティブツアラーのように、一部の例外はあるが。ラインナップ中、最大の数字が与えられた8シリーズは、BMWのフラッグシップ・クーペといえるだろう。

1977〜89年に生産された「世界一美しいクーペ」と呼ばれた初代6シリーズ(E24)の後継モデルとして、初代8シリーズ(E31)は1990年に発表された。だが1999年に生産が中止され、2003年に2代目6シリーズ(E63/64)が登場。2011年には3代目(F12/13/06)へと進化している。

そして2017年、4代目(G32)は5シリーズ・グランツーリスモの後継モデル「6シリーズ・グランツーリスモ」という5ドアクーペとして登場。現在は3代目と併売されているが、この新型8シリーズ(G14/15/16)の登場により、3代目6シリーズは近い将来フェードアウトするものと思われる。

いずれにせよ、BMWのフラッグシップ・クーペたる8シリーズの復活は、BMWファンには待ち遠しかったことだろう。

 

エクステリア ▶ インテリア ▶ シャシー ▶ エンジン ▶ 装備 ▶ グレードと価格

 

人気コンテンツ