レクサスUX200、UX250h発売 サイズ/内装/安全装備を解説 価格390万円〜

2018.11.27

レクサスUXのシャシー

レクサスUXには基本性能を徹底的に突き詰めたGA-Cプラットフォームが用いられた。

高剛性で低重心化を目指して開発されたもので、高張力鋼を使った主要骨格をベースにアルミ製のエンジンフード、フロント・フェンダー、前後ドアパネルを採用するとともに、リアハッチのアウターとインナーパネルは樹脂製にしてボディ上屋の軽量化がはかられ低重心化に貢献している。

サスペンションはフロントがマクファーソン・ストラット式、リアはダブルウイッシュボーン式とされ、上質な乗り心地と鋭い応答性を実現する。またリニアかつ剛性感の高いステアリングフィールを実現するために、フロントのストラット・アッパーにはパフォーマンス・ロッド(タワーバー)を組み込み、ステアリング・ギアボックスにはブレースが付けられ取り付け剛性を高めている。

ステアリングの鋭い応答性を求めてコンパクトで高剛性なコラムアシスト電動式が採用され、さらにはステアリングシャフト径を拡大して、ダイレクトな応答感を確保するなど入念に仕立てられている。

このほか18インチ・タイヤには、パンクしても一定距離をそのまま走行できるランフラット・タイヤが採用された。

 

人気記事