徹底解説

2018.12.13

新型ホンダ・インサイト(日本仕様) 価格/サイズ/燃費/発売日を解説

新型インサイトのシャシー

インサイトが用いるのは、Dセグメントを見据えて開発された新世代プラットフォーム。

軽量、高剛性、低重心、低慣性をコンセプトに開発されたもので、強固な骨格部分を組んでから外板を取り付ける工法により、補強材を最小限にできるメリットがある。またリアバルクヘッド部分は閉断面の構造材を環状に配置することにより、剛性を高めてトランクスルーを実現させた。

サスペンションはフロントがマクファーソン・ストラット式、リアはマルチリンク式を高剛性のサブフレームに組み込み、ジオメトリー変化の少なさから高い操縦安定性を得ている。また前後に液封のコンプライアンス・ブッシュを採用し、微細な振動を吸収させ上質な乗り心地を追求した。

ステアリング系ではシャフトのピニオンを入力側とアシスト側の2カ所に持つデュアルピニオン可変ギアレシオEPSが採用され、俊敏なレスポンスとリニアで安心感のあるフィーリングを実現。このほかインサイトに備わる電動サーボブレーキは、ドライバーの操作に忠実な減速フィールを保ちながら、高精度な制御により多くの減速エネルギーを電力に回生する。

 

人気コンテンツ