オークションリザルト

最終更新日:2017.08.25

今年のモントレーの傾向は? Part-2「グッディング・ペブルビーチ・オークション」

[編集部より]

オークションの “読み方” を学べる「オークション・リザルト」 今回は、モントレー・オークションで毎年素晴らしいクルマを用意することで知られるグッディング・ペブルビーチ・オークションの結果を見てゆきましょう。

■もくじ

どんなオークション?
「グッディング・ペブルビーチ・オークション」とは
ポイント1 グッディング & カンパニーとは

どんな車両が出品?
ポイント2 フェラーリ275GTB/Cが15億9720万円で落札
ポイント3 ポルシェ917Kも新記録 15億4880万円で落札
ポイント4 ポルシェは “濃い” 27台を用意
ポイント5 フェラーリも主役らしく大商い
ポイント6 マニアックなモデルも健闘

流札? 落札? リザルト一覧
「グッディング・ペブルビーチ・オークション」リザルト一覧

どんなオークション?

「グッディング & カンパニー・ペブルビーチ・オークション」とは

●2017.08.19-20 「グッディング & カンパニー・ペブルビーチ・オークション」
モントレーでボナムスに続いて開かれたのは、毎年選りすぐりの車両を用意するグッディング & カンパニー・ペブルビーチ・オークション。超鮮烈な出品車は高額で落札された。

text: Kazuhide Ueno(上野和秀) photo: GOODING & COMPANY

ポイント1 グッディング & カンパニーとは

世界各地でオークションを開くRMサザビースやボナムスに対して、サンタモニカに本拠を構えるグッディング & カンパニーはアメリカ国内のみで活動している。1月にアリゾナで開かれるスコッツデイル・オークションと、3月のアメリアアイランド・コンクール、そして8月のペブルビーチ・オークションのみ開催される。年3回だけ開くというスケジュールから、時間をかけてじっくりと選び抜かれた珠玉のクルマたちが用意されることで知られている。

今年は8月18日の午後6時から1日目、19日の午前11時から2日目のオークションが行われた。初日はRMサザビースと完全に重なってしまったが、2日目は幸い別時間での開催となった。

どんな車両が出品?

ポイント2 フェラーリ275GTB/Cが15億9720万円で落札


今年は2日間で135台が用意され、最終的に81.4%という高い落札率を記録した。それよりも注目したいのは億超えで22台が落札されたことだ。

ここで最高落札額を記録したのは1966年フェラーリ275GTB/Cの15億9720万円! 12台のみが製作されたコンペティション用モデルで、参戦するディーラーチームへ主にデリバリされた。

絶対的に数が少ないタイプだけに、ここ4年で3台がオークションに姿を現しただけである。直近では2015年のボナムス・スコッデイル・オークションに出品され11億円超えを記録した。今回の275GTB/Cは当時プライベーターが乗っていたことからヒストリー的には弱いものの、究極の275GTBだけに入札がヒートし、過去最高となる15億9720万円を記録することになった。

ポイント3 ポルシェ917Kも新記録 15億4880万円で落札


事前にアナウンスされ注目を集めていたもう1台がポルシェ917Kだ。ポルシェが初めてル・マンを制すると共に、ワールドチャンピオン獲得の原動力となったマシン。ほとんどがしかるべきところに収まってしまい、オークションには出てこないKタイプだけに、世界的な注目を集めたのである。

今回出品されたS/N:917-024はワークスチームで練習用とバックアップカーとして使用され、実戦には参加しなかった。その後ポルシェ遣いのジョー・シフェールが個人的にコレクションし、スティーブ・マックイーン主演の映画「栄光のル・マン」の撮影で使用されたヒストリーを持つ。

ヒストリー的には弱いが、ワークス917Kでお約束のガルフカラーだけに入札が続き275GTB/Cと僅差の15億4880万円で落札された。

next pageポルシェは “濃い” 27台を用意