オークションリザルト

最終更新日:2017.12.29

マニア向けモデル続々! 「ボナムス・ロンドン・オリンピア・オークション」

編集部より

マニア向けモデルが、続々登場! ボナムスの1年を締め括るロンドン・オリンピア・オークションを解読してみましょう。

■もくじ

どんなオークション?
「ロンドン・オリンピア・オークション」とは

どんな車両が出品?
ポイント1 91台のクルマ 118点のオートモビリア
ポイント2 マニア向けモデルが中心
ポイント3 落札率いまひとつ 57.7%
ポイント4 イギリス人好みの出品車も

流札? 落札? リザルト一覧
「ロンドン・オリンピア・オークション」リザルト一覧

どんなオークション?

「ロンドン・オリンピア・オークション」とは<

●2017.12.6 「ロンドン・オリンピア・オークション」
2017年も様々な国でオークションを開いてきたボナムスだが、その1年を締め括るものとして地元のロンドン・オリンピア・オークションで開いた。コレクターズカーを中心とした91台が用意された。

text: Kazuhide Ueno(上野和秀) photo: BONHAMS

 

どんな車両が出品?

ポイント1 91台のクルマ 118点のオートモビリア

1月のスコッツデイル(アメリカ)を皮切りに、世界各国でオークションを開いてきたボナムスの2017年の最終セールとなるのがロンドン・オリンピア・オークションだ。昨年まではディッセンバーセールと称されていたが、今年は開催場所であるロンドン・オリンピアの名が与えられた。余談だがロンドン・オリンピアは、ロンドンのケンジントンにある見本市会場で、その開設は1886年と古く戦前にはモーターショーも開かれたクルマにゆかりの場所でもある。

ここでは広いスペースを確保できるため、91台のクルマと118点のオートモビリア(カタログ、書籍、アート、パーツ、アクセサリー、エナメル・サインなど)が用意された。その内容は一般のコレクターを対象としたもので、新旧のマニアックなモデルが用意された。

ポイント2 マニア向けモデルが中心


イギリスでのオークションだけに91台の出品車中英国車が53台(58.2%)と過半数以上占めることからもその嗜好性が見えてくる。事前の一押しの存在だったが1964年アストン マーティンDB5だ。一見するとプロジェクトに見えるショボイ外観だが、実はDB5ロードカー最速のチューニングが施されたエンスーな1台といえる。このほかあまり注目されるモデルが無かったことからかブガッティ・タイプ55ロードスター・レプリカやフェラーリ250テスタロッサ・リクリエーション(250GTEベース)といったレプリカがピックアップされるほどだった。

ポイント3 落札率いまひとつ 57.7%

このオークションは一般のコレクター(マニア)が対象だったため、内容と価格がシビアに判断される傾向にあった。最近の相場より高めの最低落札額が設定されたクルマは、たとえ貴重なモデルでも残る傾向にある。そのため4輪車の落札率は57.7%と低調だった。

ちなみに落札結果を見てゆくと、トップ6ではブガッティ以外すべて英国車が占めた。レンジをトップ10に広げるとフェラーリが2台加わるが、残りはロールス・ロイスとベントレーが入り、10台中7台が英国車というボナムスの狙い通りの内容となった。ここには億越えのクルマは無く、最高値が6991万円で全般的にエンスーの手が届くお値頃の額で終わった。


ここでの上位6台を記すと、
・1964年アストン マーティンDB5:6991万円(最高落札額)
・1998年ブガッティ・タイプ55ロードスター・レプリカ(3236万円)
・1929年インヴィクタ41/2Lツアラー(2492万円)
・1960年ロールス・ロイス・シルバークラウドIIドロップヘッド・クーペ・アダプテーション(2306万円)
・1961年ジャガーE-タイプ・シリーズ13.8Lフラットフロア・ロードスター(2256万円)
となった。

注目されていたフェラーリ250テスタロッサ・リクリエーションは、出品取下げになってしまった。最近の趣味界は一般オーナーでも出自やヒストリーに拘るように変わっており、以前のようにレプリカで楽しめなくなってきた状況の変化が出品取下げの大きな要因かもしれない。

ポイント4 イギリス人好みの出品車も


このオークションに華美なクルマは無く、イギリス人が好む身近なクルマたちが用意されお値頃価格で落札されていった。主なものを上げると1988年ディムラーDS420リムジン(18万円)、1954年オースチンA40サマーセット・サルーン(87万円)、1972年トライアンフGT6 Mk-IIIクーペ(172万円)、1966年ランドローバー・シリーズIIA109 4×4 レッカー車(165万円)、1954年MGミジェットTF1250ロードスター(261万円)とマニアックなモデルが並んだ。

変わったところでは全日本F3000でロス・チーバーが乗っていたマーチ87Bが当時のカラーリングのまま姿を見せたが、エンジンが展示用のモックアップだったため200万円と安価で終わっている。また1983年フォードRS1600iが487万円で落札されているが、これは走行164kmという新車状態にあったためで、フェラーリ360スパイダーも3600マイル(約5800km)というローマイレージが評価され1520万円まで値を上げた。

当レポートをスライドショー形式でご覧になりたい方は、記事下のリンクをご利用ください。

next page流札? 落札? リザルト一覧

すべての画像をみる


人気コンテンツ