日産のニュース/新車情報/試乗記

日産という名前は、1933年の創業当時に持株会社であった「日本産業」に由来するが、そのルーツは1911年に設立された快進社だ。 創業者の橋本増治郎が、田(でん)、青山、竹内の3人の支援者とともに作った自動車は、3人の頭文字からDAT(ダット)号と名づけられ、その後のモデルがダットの息子でDATSONとなったが、SON(損)からSUN(太陽)に代えてDATSUNとなり、日産のブランドネームとなったという話は、クルマ好きには有名な話だ。 1966年にはプリンス自動車を吸収合併し、1970年代あたりまでは「技術の日産」と言われていたが、バブル崩壊から経営危機に陥り、1999年にフランスのルノーと資本提携関係を結び、カルロス・ゴーンによるリバイバルプランでV字回復を果たした。2016年にはルノー日産アライアンスは、三菱も傘下に収める。 現行のラインナップは三菱と共同開発する軽自動車からミニバンやSUVまで多岐に渡るが、車名に関してはゴーン時代に刷新されたものが多く、歴史ある名前はフェアレディとスカイライン(元はプリンスだが)くらいしかない。 2020年には新しいロゴを発表。海外では「インフィニティ」や「ダットサン」のブランドも使われている。

もっと見る

日産の車種

車種をもっとみる

日産の記事

【詳細/価格は?】日産GT-R 2022年モデル発表 特別仕様車2つの「Tスペック」も

公開 : 2021.09.15 06:05  更新 : 2021.09.15 20:11

編集:AUTOCAR JAPAN編集部 日産は、2021年9月14日、「GT-R」2022年モデルと、特別仕様車「プレミアム...

【セラ、フィガロが登場】北米の庶民派オークション RMサザビーズ・オーバンフォールを解説

公開 : 2021.09.13 21:02

トヨタ・セラ、日産フィガロが、北米のオークションに登場。ダットサン200SX、ランクル、RX7の結果とともに解説します。

【売れ筋グレード/購入層は?】日産ノート・オーラ 発売3週間で受注1万台突破

公開 : 2021.09.09 06:05

日産は、2021年9月8日、「ノート・オーラ」が、発売から約3週間で受注1万台を突破したと発表しました。

【7代目】新型日産フェアレディZ 市販モデル初公開 日本仕様は今冬発表予定

公開 : 2021.08.18 10:23  更新 : 2021.08.18 18:18

新世代のスポーツカー、日産Zの実車が米国で公開されました。日本では今年の冬に発表される予定です。

【静寂な空間で際立つ】変わるクルマとスピーカーの関係 電気自動車でさらに

公開 : 2021.08.18 05:45  更新 : 2021.08.18 06:54

日産とBOSEが手を組みカーオーディオを開発。次世代日産の象徴「アリア」における「音」の開発秘話を取材しました。

【全方位ニスモ流】日産ノート・オーラ・ニスモ試乗 オーテックとは異なるレシピ

公開 : 2021.08.17 12:40

日産ノート・オーラ・ニスモに試乗。全速度域で扱いやすいニスモ流のレシピには、オーテックとは異なる魅力があります。

【詳細データテスト】日産キャシュカイ 力不足のエンジン 一貫性のないステアリング 実用性は高水準

公開 : 2021.08.07 20:25

欧州で売れに売れている日産のクロスオーバー、キャシュカイの新型は、歴代モデルの利点を伸ばしつつ、質感や快適性も引き上げられま...

【完売】日産GT-Rニスモ、価格発表 ただし受付終了 99%が特別仕様車

公開 : 2021.08.05 15:39

日産は、GT-Rニスモ/ニスモ・スペシャル・エディション2022年モデルを発表。ただし、もう買えません。

【なぜ?】待望の日産ノート・オーラ 販売店の「悩みのタネ」と化したワケ

公開 : 2021.08.04 05:45  更新 : 2021.08.04 08:30

質の高さが評判のノート・オーラ。一方で、実車の配備がすすまず、販売店には悩みのタネになっているようです。

人気テーマ

おすすめ記事