日産のニュース/新車情報/試乗記

日産という名前は、1933年の創業当時に持株会社であった「日本産業」に由来するが、そのルーツは1911年に設立された快進社だ。 創業者の橋本増治郎が、田(でん)、青山、竹内の3人の支援者とともに作った自動車は、3人の頭文字からDAT(ダット)号と名づけられ、その後のモデルがダットの息子でDATSONとなったが、SON(損)からSUN(太陽)に代えてDATSUNとなり、日産のブランドネームとなったという話は、クルマ好きには有名な話だ。 1966年にはプリンス自動車を吸収合併し、1970年代あたりまでは「技術の日産」と言われていたが、バブル崩壊から経営危機に陥り、1999年にフランスのルノーと資本提携関係を結び、カルロス・ゴーンによるリバイバルプランでV字回復を果たした。2016年にはルノー日産アライアンスは、三菱も傘下に収める。 現行のラインナップは三菱と共同開発する軽自動車からミニバンやSUVまで多岐に渡るが、車名に関してはゴーン時代に刷新されたものが多く、歴史ある名前はフェアレディとスカイライン(元はプリンスだが)くらいしかない。 2020年には新しいロゴを発表。海外では「インフィニティ」や「ダットサン」のブランドも使われている。

もっと見る

日産の車種

車種をもっとみる

日産の記事

2021.02.27

【完全刷新/改良?】クルマの肝は「土台」 日産ノートにみる重要性

日産ノートはフルモデルチェンジで快適な乗り心地を手に入れました。刷新された「プラットフォーム」がキーワードです。 ...

2021.02.25

【お手頃な高性能クーペ】日産フェアレディZ(350Z) 英国版中古車ガイド オイル管理に注意

低予算でエキサイティングなクーペを探すなら、Z33型のフェアレディZ(350Z)ほど適したモデルはないと、英国編集部は評価します。 ...

2021.02.23

【だれが運転?】映画ワイスピ新作予告編 R34復活と「Fugu Z」が気になる

人気映画ワイルド・スピード・ジェットブレイクの予告編に気になる2台が。アメリカ人にとっても特別な2台とは? ...

2021.02.20

【SUV版は出ず】日産ノート初期受注半数が60代以上 若い世代へどうアピール?

初期受注の半数が60代以上という日産ノート。若い世代へどうアピールするのかマーケティング担当者に聞きました。 ...

2021.02.19

【トップクラスの洗練度】新型日産キャシュカイ 欧州発表 eパワー初導入、実用性とプレミアム感の両立

日産は小型SUVの新型キャシュカイを欧州で発表。デザインや走り、実用性を高いレベルで追求しています。 ...

2021.02.17

【リーフとの共通項は?】日産eパワー多モデル化へ 排気量拡大も視野?

販売好調の日産ノート。その原動力となったeパワーにまつわる気になる話が……。eパワーは今後どうなる? ...

2021.02.14

【純EVハッチバック比較】日産リーフxフォルクスワーゲンID.3 最新版は最良か 後編

市民のクルマ、フォルクスワーゲンが発売した純EVのID.3は、日産リーフの人気を奪い取れるのでしょうか。英国編集部が純EVの2台を比較しました。 ...

2021.02.14

【本命登場か】日産ノートに3ナンバー・モデル追加? ニスモ登場の予感

販売好調の日産ノートに3ナンバー・モデルが追加されるよう。すでに商談時に案内されているというそのモデルとは? ...

2021.02.13

【純EVハッチバック比較】日産リーフxフォルクスワーゲンID.3 最新版は最良か 前編

市民のクルマ、フォルクスワーゲンが発売した純EVのID.3は、日産リーフの人気を奪い取れるのでしょうか。英国編集部が純EVの2台を比較しました。 ...

2021.02.12

【セグメントの先駆者】日産クロスオーバー販売、英国で100万台達成 ジュークとキャシュカイが人気

日産は英国でのクロスオーバー販売台数が累計100万台を達成したと発表。これは日産が初めてだといいます。 ...

人気テーマ