スバルのニュース/新車情報/試乗記

スバルは、かつては富士重工業(以下、富士重工)が生産するクルマのブランド名だったが、2016年に社名もスバル(登記上はSUBARU)に変更している。 そのルーツは第二次大戦前は日本最大規模の航空機メーカーだった中島飛行機だ。戦後は富士産業と改称し、スクーターなどを製造していたが、財閥解体により会社は分割される。 1953年に、分割された6社が集まって富士重工を発足。すばる(昴)=六連星のブランド名とマークは、ここに由来している。航空機製造から始まった富士重工だが、1958年に発売した軽自動車のスバル360がヒット作となる。 1966年に発売したスバル1000では水平対向エンジンと前輪駆動を採用し、これを基に1972年には世界初の四輪駆動乗用車のレオーネを発売する。その後、現在にいたるまで、水平対向エンジンと4輪駆動はスバル車のアイデンティティとなっている。 また、運転支援技術に関しても積極的に開発に取り組み、「アイサイト」の名で登場した衝突被害軽減ブレーキは、多くのメーカーの先鞭となった。 2005年にはトヨタが筆頭株主となり、グループの一員となる。その賜物が、共同開発車のスバル BRZ/トヨタ86だ。またトヨタ傘下のダイハツからOEM供給されることで、現在はオリジナルの軽自動車は製造していない。

もっと見る

スバルの車種

車種をもっとみる

スバルの記事

2021.02.19

【納期のびるも……】クルマの売れ行きのびないワケ メーカーは納期短縮の努力を

コロナ禍でもクルマの需要は意外に落ちなかったものの売れ行きは伸び悩み。その原因として納期の長期化を指摘します。 ...

2020.12.31

【86/BRZ、別々の道か】トヨタとスバル、ハイブリッドで成立する? しない? EV化は確率低く

スバルは新型BRZの世界初公開を日本ではなく、主要販売国のアメリカでおこないました。兄弟車86については未だに正式情報がありません。予想します。 ...

2020.11.20

【新旧比較】スバルBRZ新型、先代(初代)からどう変わった? 判明した数値を比較 若年層向けも希望

日本時間2020年11月18日23時に、世界初公開されたスバル新型BRZ。発表時に明かされた数値をもとに、先代(初代)からの変化をまとめます。 ...

2020.11.19

【路線変更?】新型スバルBRZ 排気量アップにハイグリップタイヤ アメリカ寄りか 当初の理念「軽快」は

新型スバルBRZのスペックをみると、初代デビュー当時のイメージ「軽快な走り」とは異なるように思えます。アメリカ市場寄りに? タイヤ/エンジンに注目しま...

2020.11.19

【BRZターボ、あるか?】新型スバルBRZは(いまのところ)自然吸気 ターボが追加される可能性は?

新型スバルBRZ、発表直後の情報には、自然吸気のみのエンジンスペックが記されています。スバルの2.4Lユニットにはターボも。搭載の可能性を考えます。 ...

2020.11.19

【なぜアメリカで発表?】新型スバルBRZ 日本製スポーツカー、独り勝ち戦略は奏功する? 2.4Lへの拡大の意味

新型スバルBRZが北米で発表。そう北米で。なぜ日本発表ではなかったのか? 北米マーケットを見渡すと、ライバル不在の独り勝ちになりうるとも考えられます。...

2020.11.18

【新型スバルBRZ】エンジン排気量、拡大 2.4L自然吸気エンジン搭載 アイサイトはAT車に 北米発表

スバルBRZがフルモデルチェンジ。2代目となりました。水平対向エンジンは2.0L→2.4Lに。内外装が変化し、アイサイトがAT車に搭載されます。 ...

2020.11.11

【もうすぐ新型登場】トヨタ86/スバルBRZ、何をもたらした? 豊田章男社長の治世の象徴と言えるワケ

スバルは2020年11月18日に新型BRZ公開を予告。兄弟車トヨタ86の新型もおいおい発表されるでしょう。誕生が何をもたらしたのかを考えます。 ...

2020.11.10

【トヨタ86の行方は?】新型スバルBRZ、欧州導入「予定なし」 米国市場に注力

新型スバルBRZは欧州で発売されないことが明らかになりました。11月18日に公式発表されるBRZですが、米国限定モデルとなる可能性もあります。トヨタ8...

2020.11.05

【デビュー予定日が確定】新型スバルBRZ 11月18日公開を予告 ヘッドライトのティザー画像も

新型スバルBRZが11月18日にお披露目されることが明らかになりました。第2世代のスポーツクーペとして、曲線的なスタイリングと後輪駆動を維持しながらも...

人気テーマ