スバルのニュース/新車情報/試乗記

スバルは、かつては富士重工業(以下、富士重工)が生産するクルマのブランド名だったが、2016年に社名もスバル(登記上はSUBARU)に変更している。 そのルーツは第二次大戦前は日本最大規模の航空機メーカーだった中島飛行機だ。戦後は富士産業と改称し、スクーターなどを製造していたが、財閥解体により会社は分割される。 1953年に、分割された6社が集まって富士重工を発足。すばる(昴)=六連星のブランド名とマークは、ここに由来している。航空機製造から始まった富士重工だが、1958年に発売した軽自動車のスバル360がヒット作となる。 1966年に発売したスバル1000では水平対向エンジンと前輪駆動を採用し、これを基に1972年には世界初の四輪駆動乗用車のレオーネを発売する。その後、現在にいたるまで、水平対向エンジンと4輪駆動はスバル車のアイデンティティとなっている。 また、運転支援技術に関しても積極的に開発に取り組み、「アイサイト」の名で登場した衝突被害軽減ブレーキは、多くのメーカーの先鞭となった。 2005年にはトヨタが筆頭株主となり、グループの一員となる。その賜物が、共同開発車のスバル BRZ/トヨタ86だ。またトヨタ傘下のダイハツからOEM供給されることで、現在はオリジナルの軽自動車は製造していない。

もっと見る

スバルの車種

車種をもっとみる

スバルの記事

走行わずか9500km 4人乗りスバル・ミニ消防車 官公庁オークションに 予定価格1万円

公開 : 2022.10.01 07:25

宮城県の栗原市は、同自治体の所有するスバル製ミニ消防車をオークションに出品します。

スバル・クロストレック話題 北米の稼ぎ頭 世界発表の舞台を日本にしたワケ

公開 : 2022.09.20 05:45

スバルの新型クロスオーバーSUV「クロストレック」が話題です。北米の稼ぎ頭を日本で発表した背景を解説します。

スーパーGT/スーパー耐久に参戦のスバル レースで「アイサイト」を実装するワケ BRZが走る実験室に

公開 : 2022.09.17 05:45  更新 : 2022.09.19 19:03

スーパー耐久に参戦するスバルがレース車両にアイサイトを実装。その背景を桃田健史が考察します。

スバル・クロストレック登場 新クロスオーバーSUV、XVからどう進化? 比較

公開 : 2022.09.15 14:25

XVの後継となるスバル・クロストレックが発表されました。デザインやアイサイトなど、XVからの進化を解説します。

スバル新クロスオーバーSUV「クロストレック」とは何者? 外装/内装/パワートレイン/使い勝手を解説

公開 : 2022.09.15 14:00

スバルからXVのフルモデルチェンジとなる「クロストレック」が登場。外装/内装/パワートレイン/使い勝手を解説します。

スバル・レガシィ・アウトバックがちょっと便利に 一部改良モデル発表

公開 : 2022.09.08 13:45

スバルは、2022年9月8日、フラッグシップクロスオーバーSUV「レガシィ・アウトバック」の一部改良モデルを発表しました。

スバルWRX STI&S4用スポーツサス HKS「ハイパーマックスR」発売

公開 : 2022.09.06 14:05

HKSは、スポーツサスペンションの最上位モデル「ハイパーマックスR」にスバルWRX STI&S4用を設定し、発売します。

STI、スバルBRZ(61号車)スーパーGT Rd.4富士優勝記念Tシャツ発売

公開 : 2022.09.06 12:45

スバル・テクニカ・インターナショナルは、スーパーGT Rd.4富士での優勝を記念してオリジナルTシャツを発売します。

小さくて何が悪い? 忘れがたい小排気量エンジン搭載車 18選 ファッショナブルな1台も

公開 : 2022.09.04 06:05  更新 : 2022.09.26 14:36

排気量の小さいエンジンを搭載した、忘れられないクルマを18台取り上げます。どれも個性的で、パワーはなくても運転が楽しく、ファ...

スバル運転支援システム「アイサイト」搭載車 世界累計販売台数500万台達成

公開 : 2022.09.02 14:25

スバルは、運転支援システム「アイサイト」搭載車の世界累計販売台数が500万台を達成したと発表しました。

人気テーマ

おすすめ記事

 

スバルの人気画像