社会人1年目、ポルシェを買う。

2016.07.27

第24話:タイヤのいろいろ。4

photo:花村英典 (Hidenori Hanamura

 
石井昌道さんは、静かにあらわれた。
それから淡々と名刺交換を済ませ、
(じつは会うのはこの日がはじめて)
「PS2 N3だよね? 久しぶりだなぁ」と
誰にいうともなく、汗を拭いながらいった。

数々の媒体に寄稿する、いわば売れっ子ライターだけど
「おれはジャーナリストなんだ」みたいなところがなく
とても淡々と、そしてあっさりしているなぁと思った。
 
 
タイヤを知るための旅のはじまりである。
このドライブを終えると、疑問に思っていたことが
解決するかもしれないと思うと、ドキドキしてくる。

とにかく質問に質問を重ねてみることにした。

 

僕:わかっているつもりでも、結局は
タイヤのどこをみればいいのかわからないです。

「タイヤは奥深いねぇ」で終わらせるのは簡単だし
「みんな違ってみんないいね」って結論づけるのも、
こなれたパッケージとしてはありますけど、嫌です。

ここがよくて、ここが悪い、みたいなものを、
はっきりと自分で見極められるようになって、
結論がだせるようになれたらと思っています。

石井さん:うんうん、賛成です。
タイヤってさ、試しに履いてみるってことが
できないんだよね。いつだって絶対評価。
インプレッションできるようになるっていう
目標を叶えるのは結構たいへんなんです。

じぶんのなかに評価のモノサシをこしらえるには、
‘ほかと比べてどうか?’ がわからなきゃいけないよね。

違う種類のタイヤを同じクルマに組みあわせて、
同じところを、同じように走るという体験を積み重ねて
ようやくわかるようになるものなんだ。

僕:なんだかいきなり途方もない気持ちに
なってきたような気がします。

石井さん:ただ、‘どこを見るべきか’、
ってのがわかっているだけでも、ぜんぜん違うよね。

あ、そうそう。プロでもそうでない人でも、
感じていることそのものは同じなんだよ。

僕:でもプロは、サーキットとかで
徹底的に走らせてタイヤを評価するんですよね?

石井さん:とくにメーカー所属のテスターは
そうするよね。だけど、サーキットを走らせることで
かえって、わからなくなることもいっぱいあるんです。

0か100を見るよりも、日頃よくシャカイチ号を
走らせる環境やコンディションで、繊細なところを
きちんと観察してあげる必要があるんだ。

僕:繊細なところとはつまり……

石井さん:(ほんのすこしだけハンドルを切って)
このへんとかを観察します。微舵。微舵領域。

僕:切ってすぐ、ノーズが動きはじめる
瞬間ということですか?

石井さん:そうそう。テスト・コースでは
アスファルトにいろんな種類の白線が引かれていて、
それをなぞるようにしながらボディがどう動くかを
いろいろなタイヤで試すこともあるんだ。

僕:動きはじめが、どんな感じだと評価は高いんですか?

石井さん:
切ったら切った分だけ、動いてくれることが大事。

もちろん君も知っているとおり、
ポルシェはそこがよくできている。たとえば、
アクセルを踏んだら、踏んだだけ進むだとか、
ブレーキを踏んだ分だけクルマの速度が緩むだとか
そういった直感的なドライバビリティをタイヤが
まったく台無しにしていないことが大事なんだ。
 
 
※今回も最後までご覧になってくださり、
 ありがとうございます。
 
 ドライバビリティということばを、いつか
 石井さんみたいに、サラッと使ってやろう、
 と心のなかで決心しました。

 次回以降は、グリップ、ブロック形状、ノイズ、
 などの話に踏み込んでいこうと思います。

 レポートをはじめる前は、きっと3話くらいで
 おさまるのだろうと思っていましたが、
 やはり学ぶ内容は、濃く、深く、多岐にわたる。

 せっかくだから、皆さまとすべてを共有したく、
 「タイヤのいろいろ。」シリーズは、
 じっくりと文字数を気にせずにすすめたい。

 これはもう意地みたいな部分もあります。
 ウェブって、こういうところがいいよなぁ。

 今後とも、[email protected] まで、
 皆さまの声をお聞かせください。
 もちろん、なんでもないメールだって
 お待ちしております。

関連テーマ

人気テーマ

バックナンバー

記事一覧

 
 

おすすめ記事

 

ポルシェの人気画像

×