クルマ漬けの毎日から

2017.07.16

ロータスのウエッジシェイプモデル。「2代目エリート」「エクラ」を描いたデザイナー、ウィンターボトムを、クロプリー編集長が振り返ります。

70年代ウェッジシェイプ ウィンターボトムが描いたロータスM90 クロプリー編集長

Oliver Winterbottom’s unique career at Jaguar, TVR, Lotus

 
面白い本が届いた。イギリス人のカーデザイナー、オリバー・ウィンターボトムの48年間の物語が書かれている「A Life in Car Design」という本で、ジャガー(XJ21プロジェクト)、TVR(タスミン、黄色い車両)、ロータスでのウィンターボトムのユニークな仕事ぶりが描かれている。

 
1961年にウィンターボトムが仕事を始めた当時、クルマが誕生するまでのプロセスは控えめに言っても未熟だった。

プロダクトの優秀さというよりも、会社内の力関係がどのクルマをデビューさせるかを決定することがしばしばあった頃だ。
 

人気テーマ

 
 

おすすめ記事

 

人気記事

        人気画像