コラム&エッセイ

2017.07.16

クルマ漬けの毎日から

[編集部より]

ロータスのウエッジシェイプモデル。「2代目エリート」「エクラ」を描いたデザイナー、ウィンターボトムを、クロプリー編集長が振り返ります。

70年代ウェッジシェイプ ウィンターボトムが描いたロータスM90 クロプリー編集長

Oliver Winterbottom’s unique career at Jaguar, TVR, Lotus

 
面白い本が届いた。イギリス人のカーデザイナー、オリバー・ウィンターボトムの48年間の物語が書かれている「A Life in Car Design」という本で、ジャガー(XJ21プロジェクト)、TVR(タスミン、黄色い車両)、ロータスでのウィンターボトムのユニークな仕事ぶりが描かれている。

 
1961年にウィンターボトムが仕事を始めた当時、クルマが誕生するまでのプロセスは控えめに言っても未熟だった。


プロダクトの優秀さというよりも、会社内の力関係がどのクルマをデビューさせるかを決定することがしばしばあった頃だ。
 
next pageウィンターボトム 走りも人柄も “快活”

AUTOCAR 英国版 編集長 スティーブ・クロプリー

オフィスの最も古株だが好奇心は誰にも負けない。新しく独特なものなら何でも好きだが、特に最近はとてつもなくエコノミカルなクルマが好き。クルマのテクノロジーは、私が長い時間を掛けて蓄積してきた常識をたったの数年で覆してくる。週が変われば、新たな驚きを与えてくれるのだから、1年後なんて全く読めない。だからこそ、いつまでもフレッシュでいられるのだろう。クルマも私も。