まだまだ頑張る現役編集長の奮闘録

2017.12.09

ジャガーXEで6カ月間、1万2000kmを走る/久しぶりにF1に乗る 笹本編集長コラム

久しぶりにF1に乗る

先日、11月の良く晴れた日に、富士スピードウェイでミナルディM190と、ロータス101の2台を走らせた。

ロータス101は、友人のオーナーが乗る前に、各部のチェックと、ウォームアップのため、数周をしただけで何ら問題はなかったが、ミナルディの方は、わたしが所有するようになってから初めての走行ということで、かなり心配であった。

というのは、前オーナーの走行のときに、少しオーバーヒートぎみだったのと、冷えているときのエンジンのスタートで、燃圧の不足なのか、火花がなかなか繋がらないことであった。

しかし、実際に走ってみると、大きな問題は無く、実に楽しく走ることができた。ミナルディのエンジンはフォードDFRで、トランスミッションは5速。6速のロータスと比べるとギアは開いているが、その分、トルクが豊富なので、とても乗りやすい。また、ロータスのジャッド・エンジンよりも、フォードのほうが、高回転での振動が少なく目線は安定している。

殆ど、占有に近いスポーツ走行で、きれいに晴れた青空と富士山を垣間見ながらの走行は、本当に楽しいものであった。これで、翌日の筋肉痛がなければ、最高なのだが。

AUTOCAR JAPAN 編集長 笹本健次

1949年生まれ。趣味の出版社として知られるネコ・パブリッシングのファウンダー。2011年9月よりAUTOCAR JAPANの編集長を務め、2012年1月よりWeb版AUTOCARの編集長も兼務する。出版業界での長期にわたる豊富な経験を持ち、得意とする分野も自動車のみならず鉄道、モーターサイクルなど多岐にわたる。フェラーリ、ポルシェのファナティックとしても有名。
 
 
 

人気記事