コラム&エッセイ

2018.01.27

クルマ漬けの毎日から

編集部より

クロプリー編集長は昨年、あるコンクール・デレガンスで、「ポルシェ」の審査をお手伝いしました。近年の出品車両は、レベルが高まっているというお話しです。

名車のコンクール 変わりゆくスタンダード クロプリー編集長コラム

Cars-are-for-driving ? We’re happy the winner gets driven hard too

昨年、スーパーカーのコンクール・デレガンス(ピレリーがスポンサー)の審査を手伝いに、ブレナム宮殿へ行った。

 
4日間開催されたサロン・プリヴェの幕を閉じるイベントで、ブガッティ・シロンももちろん参加していたが、シロンを見るのはモーターショー以来、初めてだった。今にも雨が降り出しそうな怪しい空模様だったが、幸運なことにポール・キーリングと一緒に採点することができた。

 
ポールとは知り合いだが、彼はポルシェクラブのメンバーでポルシェのエキスパートだ。わたし達のおもな任務はポルシェの審査だったので、雨が降り出す前に出品車のまわりを行ったり来たりして、仕事を始めた。優勝したのは、993の911 GT2だった。

 
だが、ポールによれば、優勝してもおかしくないクルマが3、4台参加していたという。出品車のレベルは上昇し続けている。コンクール・デレガンスは、クルマは運転するためのものだと考える人たちから批判された時期もあったが、今年の勝者はハードに運転されているクルマでもあったので、わたし達審査員にとっても嬉しい結果だった。

translation:Kaoru Kojima(小島 薫) photo:AUTOCAR、Salon Privé


すべての画像をみる

AUTOCAR 英国版 編集長 スティーブ・クロプリー

オフィスの最も古株だが好奇心は誰にも負けない。新しく独特なものなら何でも好きだが、特に最近はとてつもなくエコノミカルなクルマが好き。クルマのテクノロジーは、私が長い時間を掛けて蓄積してきた常識をたったの数年で覆してくる。週が変われば、新たな驚きを与えてくれるのだから、1年後なんて全く読めない。だからこそ、いつまでもフレッシュでいられるのだろう。クルマも私も。
 
 
 

人気コンテンツ

        ×