Juju(野田樹潤)ブログ

2018.10.07

12歳のプロレーサーJuju(野田樹潤)の連載。第8回は、お父さんと、その仲間と4人でマツダの「Be a driver .Experience」に、なんと監督として参加したことを語っています。また、ふだんなかなか会うことのできない学校の友だちとのお話も。レース以外の内容もお楽しみください。

第8話:Juju、レース監督に?! 楽しかった週末 ー Juju(野田樹潤)ブログ

もくじ

Juju、レース監督に?!
この週末はイベント続き

Juju、レース監督に?!

先月、9月23日は、富士スピードウェイで行われた、マツダの「Be a driver. Experience」というイベントに参加してきました。

マツダファン・エンデュランスという2時間半の耐久レースで、その間に、満タンから燃料がなくなるまでどれだけ多くサーキットを周回できるかを競うんです。

今回は、お父さんが仲間のひとたちと3人でドライバーとしてエントリーしました。

実は、わたしにも「出ませんか?」というお話があったみたいですけど、大人のひとたちと一緒に交代で運転するとなると、特別にシートポジションを作るのが難しいということもあって、今回は、いきなり監督に! Juju監督の初レース?! ですね!

まぁ、監督っていっても、正直、何をどうしたらいいんだろう……? って感じでしたが、そこはもうノリで。

エンジョイレースなので、みんなで楽しんじゃえ! っていう感じかな?

作戦を立てるというよりは、ピットからの情報をサインボードで出して、ドライバーに知らせたりするのが主なお仕事でした。

あとは、ちょっとインタビューを受けたり。

当日まで特に告知もせずに行っていたんですが、たまたま偶然来られた方が、会場で声をかけてくださったりして、とても嬉しかったです。

機会があれば、今度はドライバーとしても参加してみたいな。

この記事に関わった人々

  • 執筆

    Juju(野田樹潤)

    Juju Noda

    2006年生まれ。4歳でKIDSカートデビューウィン。5歳で30cc/40ccダブルチャンピオン、9歳でFIA-F4の最年少デビュー。11歳、国際クラスFIA-F4マシンで「U-17大会」出場。目標は「日本人初の女性F1/フォーミュラEのドライバーになって、チャンピオンになること」。2018年からインターナショナルスクールに通い、F3に挑戦。2020年、デンマークF4を経て、2021年シーズンはアメリカF4 US→デンマークF4。
  • 編集

    上野太朗

    Taro Ueno

    1991年生まれ。親が買ってくれた玩具はミニカー、ゲームはレース系、書籍は自動車関連、週末は父のサーキット走行のタイム計測というエリート・コース(?)を歩む。学生時代はボルボ940→アルファ・スパイダー(916)→トヨタ86→アルファ156→マツダ・ロードスター(NC)→VWゴルフGTIにありったけのお金を溶かす。ある日突然、編集長から「遊びにこない?」の電話。現職に至る。

関連テーマ

人気テーマ

 
 

おすすめ記事

 

マツダの人気画像

×