[ABARTH 124 spider]なぜワクワクする?竹岡圭が検証

社会人1年目、ポルシェを買う。

2018.10.14

100字サマリー

皆さん、こんばんは。「社会人1年目、ポルシェを買う。」の上野太朗です。空冷ポルシェの購入のお話が少しずつ進んでいますが、今回は、いったん休憩。ポルシェ356クラブ・オブ・ジャパンの「356ホリディ」に参加させていただいたことを振り返ります。

第78話:ポルシェ356ホリディ2018 in 甲府に参加して。

もくじ

356ホリディに参加して
コンクールとはこういうものか!
40年後に笑っていられるだろうか
カイエンとKEN ITOさんのお話

356ホリディに参加して

今回は2018年の10月6日〜7日。
前回は2016年の10月29日〜30日に行われた。
あれからもう2年が経ったのか。
まだ2年前のことも鮮明に覚えているのに…。

時間が過ぎる速さを恐ろしいほどに感じる。
(年をとればもっと早くなるのだって!
 取材に同行した方がおっしゃていました)

何に参加させていただいたかというと、
「ポルシェ356ホリディ」である。
前回は何がなんだかわからないまま、
笹本編集長のポルシェ356の助手席に乗せてもらい
雨が降る中、そしてせっせと窓ガラスを拭きながら
京都へ向かった。あの時は楽しかったなぁ。

ポルシェ356の魅力にコトンと落ちたことも
たいせつな情報として書いておこう。

それから2年。今回の拠点は山梨県は甲府市。
山梨/甲府と読んで、もしや? と思った方。
そんなあなたは、なかなかのアツい読者です。

これまでもこのコラムに出たりしていたが、
笹本編集長がAUTOCARとは別に経営する
「常磐(ときわ)ホテル」が拠点となったのだ。
天皇もお泊りになったという歴史ある旅館です。
(コマーシャル)

僕はふたつの理由があって、
デビューしたばかりの新型ポルシェ・カイエンを
ポルシェからお借りして参加させていただいた。
そのあたりについては、最後のほうで書きたい。

また今回のポルシェ356ホリディについては
詳細レポートを上野和秀さんが執筆中だから
僕のほうは、エントラントに近い内側の視点で
特に心に残ったことをかいつまんで振り返りたい。

AUTOCAR JAPAN 編集部 上野太朗

1991年生まれ。親が買ってくれた玩具はミニカー、ゲームはレース系、書籍は自動車関連、週末は父のサーキット走行のタイム計測という、いわばエリート・コース(?)を歩む。学生時代はフィアット・バルケッタ→ボルボ940エステート→アルファ・ロメオ・スパイダー(916)→トヨタ86→アルファ・ロメオ156(V6)→マツダ・ロードスター(NC)→VWゴルフGTIにありったけのお金を溶かした。ある日突然、編集長から「遊びにこない?」の電話。現職に至る。