BENTLEY 100th Anniv.[オリジナル記事を見る]AUTOCARのロゴも100年前に

コラム&エッセイ

2018.12.27

まだまだ頑張る現役編集長の奮闘録

編集部より

笹本編集長が実際にアストン マーティン・ヴァンテージを購入する際、どんなことを重要視しているのかを書いています。また、実際に購入した個体は、どのような仕様になっているのでしょうか。

アストン マーティン・ヴァンテージの仕様を決める ― まだまだ頑張る現役編集長の奮闘録

もくじ

どんなヴァンテージが欲しいか
実際に選んだヴァンテージの仕様

どんなヴァンテージが欲しいか

私が希望した、ヴァンテージの仕様は、以下のとおりである。

エクステリア・カラーは、チャイナグレーか、それがなければ、可能な限り濃い色味としたい、できれば、今、乗っているジャガーXEとほぼ同様のガン・メタリックなら、申し分ない。

インテリアも地味目が良く、最近流行りのホワイトなど論外。オプションは、走りに必要なものは歓迎だが余計なものは一切不要、ざっと、こんな要望だった。

調べてみると、残念ながらチャイナグレーのものは無かったが、私の希望に近い仕様のクルマが2台発注されていることがわかった。

その内の1台は、私のジャガーXEよりもやや薄い色見のマグネティック・シルバーの外装で、内装は、ブラックのレザーを使い、どちらかというと、ラグジュアリーにふったオプションが約200万円ほど装着されていた。

もう1台は、クァンタム・シルバーという塗色で、内装は、ブラックのアルカンターラで統一され、ルーフパネルもグロスブラックで塗られているという。

更には、ホイールも20インチの鍛造製がオプション選択されていた。この他、エクステリア・ブラック・パックなどで、トータル212万5330円のメーカーオプションが付いていた。

この中で、最も金額が張るのは、鍛造ホイールの65万0920円であったが、これはむしろ、望ましい装備であった。

next page実際に選んだヴァンテージの仕様

すべての画像をみる

AUTOCAR JAPAN 編集長 笹本健次

1949年生まれ。趣味の出版社として知られるネコ・パブリッシングのファウンダー。2011年9月よりAUTOCAR JAPANの編集長を務め、2012年1月よりWeb版AUTOCARの編集長も兼務する。出版業界での長期にわたる豊富な経験を持ち、得意とする分野も自動車のみならず鉄道、モーターサイクルなど多岐にわたる。フェラーリ、ポルシェのファナティックとしても有名。
 
 
 

人気コンテンツ