コラム&エッセイ

2019.01.08

Juju(野田樹潤)ブログ

編集部より

12歳のプロレーサーJuju(野田樹潤)の連載。第14回は、2019年の目標についてです。ひとつめは「U17レースで、1秒でも速く走れるようになる!」。ふたつめは「もっと、もっと! 海外サーキット」。理由とともに、彼女のことばで書きとめています。

第14話:2019年 Jujuが達成したい、ふたつのこと ー Juju(野田樹潤)ブログ

photo:Kazuyuki Omori(大森和之)

もくじ

Juju 2019年の目標、その1
Juju 2019年の目標、その2

Juju 2019年の目標、その1

あけましておめでとうございます。

2019年も、どうぞよろしくおねがいします。

今年は、F3マシンに乗り始めて、2年目となる年。

ということで、どんな年にしたいか、わたしなりに目標を立ててみました!

おおきく分けるとふたつあります。

まず、日本での活動としては、「U17レースで、1秒でも速く走れるようになる!」ということ。

今年のU17のレースは、参加台数が増えるみたいなんですね。

自分より速いドライバーと走ることで、自分も成長できると思っているので、あたらしいライバルとの戦いに、今からワクワク!

マシンの状態もいいし、チームの雰囲気もいいし。あまり練習できなかった去年の分まで、たくさん走りますよ~。

Juju 2019年の目標、その2

ふたつめは、「もっと、もっと! 海外サーキット」

去年の11月に、初めてマレーシアのサーキットで走ったことが、すごくいい経験になったなって思うんです。新しい課題や自分のいいところも見つけられたし。

海外では、13歳でレースに参戦できる国もあるようなので、来年の海外レースデビューを目標に、今年はマレーシアだけでなく、いろいろな国のサーキットでトレーニングしていきたいなと思っています。

もしかしたら、1カ月の半分は海外、半分は日本といったスケジュールで行ったり来たり、といった感じになるかもしれません。

「もしかしたら」ですけどね!

というわけで、Jujuはさらに上を狙って頑張ります。

みなさん、ぜひ応援してくださいね!

すべての画像をみる

レーシングドライバー Juju(野田樹潤)

2006年生まれ。父は元F1レーサー野田英樹。4歳でKIDSカートデビューウィン。5歳で30cc/40ccダブルチャンピオン、9歳でFIA-F4の最年少デビューを果たす。11歳になり、国際クラスFIA-F4マシンで「U-17大会」に出場。4月の開幕戦ではFIA-F4のコースレコードより0.9秒速い、1分32秒8で優勝。目標は「日本人初の女性F1/フォーミュラEのドライバーになって、チャンピオンになること」。2018年からインターナショナルスクールに通い、F3への挑戦が始まっている。
 
 
 

人気コンテンツ